オックスフォードキャピタルレター 無料レポート

ライフスタイル アート

ブロックチェーン NFTで所有者を記録・証明できるバンクシーの絵

2021年10月20日

バンクシーの絵を30万円以下で購入し、中小事業者の少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例を活用して節税しつつ、値上がりも期待しましょう!

という話の続きです。

 

前回の話はこちら

30万円以内で買える有名作家 節税しつつ将来的には値上がりも期待できる作品とは

租税特別措置法 第28条の2 中小事業者の少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例を活用してアートを購入し節税しつつその世界を楽しもう! でも、30万円以内で買えてある程度 将来の値上がりが見込 ...

続きを見る

 

話の流れの全てはこちら

値上がりも期待できる バンクシー アートで節税とインフレ対策

バンクシー アートで節税とインフレ対策 NFTと将来のキャピタルゲインにもほんの少し期待して 租税特別措置法 第28条の2 中小事業者の少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例を活用してアートを ...

続きを見る

 

アートオークション会社に行ってみた

コロナ禍ということでずいぶん延期していたのですが、10月になってようやく東京・銀座の美術品を販売・オークションの開催などをされている会社に伺いました。

 

ご担当の方に玄関まで出迎えていただくなど、とても親切にご対応いただきました。

 

ちょうど数日後に開催されるオークションに向けて出品作品が展示されている様子も見せていただけて、それだけでも自分にとっては異世界、非日常、新たな価値観や世界観を感じ、非常に豊かな時間となりました。

 

訪問の目的は、

バンクシーの絵を購入することは大体決めているけれど、実際に目で見てみたいという好奇心。

 

そして、30万前後のシルクスクリーン作品と、すでに新規販売されておらず中古市場で流通し2000~3000万するPOW版を見比べてどうなのか? という興味です。

 

素人目にはなかなかわからない

30万円と3000万円の違い・・・

 

結論から言えば、私にはほとんどわかりませんでした。

 

写真を撮り忘れましたが、ギャングである主人公2人の銃がバナナに替わってて、残忍さを無力化した作品で比較。

 

 

コピーをコピーしたさらにコピーされた文書を見た時のように細かい部分が多少つぶれていたりしますが、これが100倍の価値の差になるのか、素人の私にはわかりませんし気にするレベルでもないと思いました。

 

むしろ、十分に満足する出来栄えです。

 

そもそもの目的から見て十分魅力

バンクシーの絵で税制を活用して節税でき、かつ 世界に500枚しか出回ることがないので値上がりも期待できるWCP版。

 

そして、ブロックチェーン技術で所有者を記録・証明ができるので、ノンファンジブル(非代替性)は担保されます。

 

  1. 節税できる
  2. 将来値上がりする可能性ある
  3. ブロックチェーン技術で所有者や売買履歴を証明できる

を考えた時に、十分な価値だと思いました。

 

 

ブロックチェーン技術で所有者を証明

今回、私がバンクシーの絵に興味を持った理由は大きく2つ。

節税とNFTです。

 

NFTについて何か実体験として学びたいと思っていたこともあり、非常に興味をもちました。

 

アートを所有することの新たな定義

たまに 「ニセモノ」が出て話題になることがあるアート。

またアードだけでなく、芸能人や有名人のサインなども含め価値あるものは全てニセモノが出回っては困りますし、価値が大きく棄損されてしまうことになります。

 

また、アートは「誰が持っていたか」も重要になり、出どころや流通ルートがはっきりしている方が当然信用されます。

 

それらをブロックチェーンに記録、だれでも閲覧できることでその信頼性は担保されるわけですが、今回訪問した会社がバンクシーWCP版の作品をNFT化しブロックチェーン上にデータを保存することで会社としても所有者と所有権を担保することができ、作品の信頼性を高めることができます。

 

将来、作品を転売するような場合も売買履歴を購入者へ証明ができるので、ニセモノか本物かを証明できる手段の一つになります。

 

アマゾンや楽天、ヤフーオークションなどでもバンクシーの他、有名作品は販売・出品されています。

個人で親しんだり楽しんだりする分には、何の問題もありません。

 

 

でも、「資産価値を担保する」という意味では、そのアート作品の出所と通ってきたルートは非常に重要なポイント。

 

ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)だけではなく、アートの所有の形や、ワイン、電子カルテなどありとあらゆるものの安全性や価値の担保を変えようとしています。

 

このようなNFT技術は、今後あらゆる分野でデータの改ざん防止、信頼性の担保に活用されるんでしょうね。

 

NFT技術は信用という目に見えにくいものを可視化してくれ、信頼性を担保してくれる優れた技術。

転売時の価格維持や価格UPにも貢献してくれますし、それ以上になんだかよくわかりませんが、ワクワクしています。

 

この会社さんも、現在はバンクシーのみをNFT化していますがゆくゆくはこの技術を使ってアートの信頼性を担保し守っていきたいとのことでした。

 

今回の訪問でほんの一端ですが、アートの世界の楽しさや素晴らしさを感じることができ、また、興味も湧いてきました。

 

たくさんある作品からどれにしようか・・・

あらかじめ 「アレにしよう」と思って訪問したものの、たくさんの作品を見たことで迷ってしまったのですが、帰りの新幹線の中で「あれ」に決めました。

 

ちなみに、訪問した日  22:30ごろ 東京で大きな地震があった日でした。

その時間、私を乗せた新幹線はすでに名古屋あたりを走行していて影響はありませんでしたが、決めた絵が「あれ」だけに、鼓動が激しくなったのを覚えています。

これは是非おすすめ!

なぜ日本円だけでなく外貨で、しかもできることなら日本以外で日本円以外の資産形成や運用をした方がいいというのか。その思いや考え方をすべて網羅し、しかも私がお伝えするよりも格段にわかりやすい資料と音声コンテンツがこちら。

特に、第2部の「隠された日銀の真の目的とは?」 「ほとんどの人の目には見えない税金の正体」 や、第3部の「初心・中級・上級者向け お金を守るための対策」は、必聴です!

 
 

詳しくはコチラ

 

お問い合わせはLINEでお気軽に!

お友だち追加

下の「お友達追加ボタン」か「QRコード」でLINE公式アカウントにお友達登録後、お問い合わせやメッセージをください。「オフショア保険のことで」などとお送りいただけるとスムーズです。

また、海外投資やお金の学びになる情報も発信しています。

友だち追加

頂いたメッセージには 遅くとも24時間以内に返信させていただくよう努めています。
また、いつでも解除可能です。

 

 

メルマガでも情報を発信しています

メルマガ登録

保険やファンド、お金に関する学びなど、ブログに書きにくいことや違った視点での情報を、メルマガでお伝えしています。

【成幸へのプロジェクト】海外投資・ファンド情報のメルマガ登録はこちら か、

下のQRコードで

 

米国株投資をするなら必須の情報です!

オックスフォードキャピタルレター

オックスフォードインカムレター

-ライフスタイル, アート

© 2021 UmikazeKaoru