不動産投資

アヤカリゾート オープンに向けた準備が進んでいます

投稿日:2019年5月25日 更新日:

ボクも投資している アヤカリゾート。

フィリピン・ボホール州のパングラオ島で、建設中です。

 

パングラオ島には最近新しい空港が開港しましたが、ボホールの玄関口として利用者数も順調に伸びてきているとのこと。

アヤカリゾート はその ボホール・パングラオ国際空港から車で約15分。

 

アヤカリゾートまで車で15分のボホールの新しい空港

約1年ぶりに、アヤカリゾート(AYACCA)の工事進捗を確認しに行ってきました。 その様子を少しお伝えできたらいいなと思います。   アヤカリゾートとは、フィリピンのボホール島と繋がった、パ ...

続きを見る

 

完成・オープンに向けて準備が進んでいる様子ですので、最近 得た情報をシェアさせていただきます。

 

なお、オーナーの方は下のバナーをクリックして、オーナー有志の会のサイトもぜひご覧ください!

アヤカリゾート オーナー有志の会

 

ボホールへの来島 好調!

アヤカ社が行なった F/S(フィジビリティスタディ)によると、ボホールやパングラオへの観光、その他の来島者はこの数年継続して毎年増えており、ホテルの収益もかなり上がっているそう。

 

第一四半期は、中国の旧正月時期に向けたイベントやキャンペーンを展開したホテルが、特に好調だったそうです。

 

ということは、中国本土をはじめ、香港など中華圏からの観光客が増えているようですね。

かつては欧米と韓国からの観光客が大勢を占めたようですが、そこに中国系のお客さんが増えるとなるとますます賑わいそうですね。

 

また、F/S によるとアヤカリゾート近隣の類似ホテルの稼働率は85%、経常利益40%代後半と高い利益率だったそうです。



ホテルとしての価格設定も詳細調査中

アヤカリゾートのホテル価格設定について、アヤカ社内のAI技術者が類似ホテルのデータを収集・解析し、価格設定の見直しなども含めさらに詳細に調査が進められているようです。

 

集客に関して、アゴダやエクスペディアのようなホテル予約サイトや自社のWebサイトからの集客よりは、旅行代理店からの誘導・送客の伸びが大きく、それらを介して予約が入る傾向が強くなってきているそう。

 

また、近隣のホテルはメンバーシップの取り込みはあまり力を入れていないようで、アヤカリゾートはここにチカラを入れていけば、予約サイトや代理店に払う手数料が必要なく来ていただけるので、アヤカは単価を下げても十分な収益が確保できる見込みとのこと。

 

旅行サイトや旅行代理店に支払う手数料は大きな負担になるので、アヤカ独自のメンバーシップは強みになりそうですね!

ホテルの収益は受け取るインカムゲインに直結しますので、うまい価格戦略を願います。



当初計画以上の数値見込み

現状の環境・条件や収集される情報分析などから、当初の見込み以上の数値を達成できそうな状況であるとのこと。

もちろんフタを開けてみなければわからないことはたくさんあるのでしょうが、「当初の見込み以上の数値を達成できそう」ということを聞くだけで、ちょっと嬉しくなります。

 

さらに詳細なデータ分析、解析でどの程度の客室稼働率が実現できそうか、またその実現のためにどんな施策、集客戦略・販売促進手法を取っていくのかを検討していくとのこと。

 

世界からたくさんの方々に来ていただくことで、アヤカリゾート の「不動産投資としての出口」の可能性が人がるということです。

キャピタルゲイン、楽しみです!

 

アヤカのオーナーさんは有志の会へ

アヤカリゾート オーナー有志の会

 

アヤカリゾート商業施設テナント

アヤカリゾートにはレストランやショップが入る商業施設もありますが、

  • 両替商
  • マリンアクティビティ運営業者
  • 中華レストラン

など、いくつかの事業者さんと出店打診・交渉中とのこと。

 

特に中華レストランは アヤラやSMにも出店中の有名チェーン店とのことで、正式に出店が決まれば宣伝効果も大きそうですね。

 

アヤカリゾート 周辺の開発状況

アヤカリゾートの隣に、フィリピン大手企業のコンド建設計画がスタートした模様とのこと。

アヤカ周辺は韓国企業のホテル&スパ事業やオーストラリアのホテル事業者など、次々と開発の手が入っている様子。

 

アヤカリゾート の海とは反対側では、すでに土地価格が8〜10倍近くまで上昇しているところもあるとのこと。

このマイナス面としてはアヤカリゾート の拡張計画の進行が、土地取得ができないので遅れることや、「まだまだ上がる」との見込みから、地主が土地を手放さないことで道路整備や周辺環境の整備が遅れたりすることです。

 

ただ、こうしたマイナス面もありつつ周辺の開発が進むことは地価上昇に拍車をかけ、キャピタルゲインを楽しみにしている いちオーナーとしては、ますます将来への希望が膨らみます。

ゆっくりとですが、確実にオープンに向けて準備が進められ、また理想的なキャピタルゲインを取れる条件が整いつつあるような印象を受けました。

 

ますます楽しみなアヤカリゾート。

次はいつ見に行こうか、スケジュールの整理を進めたいと思います。



-不動産投資

Copyright© 成幸へのプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.