オックスフォードキャピタルレター 無料レポート

Mindset books

中学生が将来 お金に困らないために読むべき本  もちろん大人も今からでも遅いことはありません

2019年3月15日

マネーという名の犬 12歳からのお金入門

お金の勉強は、早いうちにしておいた方がいい。

子どもから少し大人になるタイミングの中学生が読むのにぴったりの本がこれ。

 

理想としては、まず親(大人)が読んでお金に対する考え方や固定観念を認識し、必要であれば考え方を改めてから子どもが自然な形で手に取ることができるよう本棚などに並べておくか、これ見よがしにダイニングテーブルに置いておくかするのがいいと思います。

 

でも、もしこの記事に辿り着いてくれた 中学生がいて自分でお金を出して買うことができるなら、ぜひ読んで欲しいおすすめの本。

 

もう20年近く前に発売された本ですが、私は今でも時々 読んでいます。

 

イヌが教えるお金持ちになるための知恵

 

なのですが、

投資家の村上世彰氏の監修で改めて出版されたのがこれ

⬇︎

 

とっても読みやすい(多分 2時間くらいで読めます)し難しい表現がないので、本当におすすめです。

 

ストーリー

この本を簡単に要約すると

主人公はキーラという12歳の女の子が助けた犬。

マネーと名付けられたその犬は、不思議なことにキーラの前だけでは人の言葉を話すのです。

「ねえキーラ、このままだと君は将来、両親みたいにお金に苦労する大人になってしまうよ」

マネーは、お金と世の中、そして人生の「しくみ」をキーラにわかりやすく教えていきます。

最初は半信半疑ながらもマネーにもらったアドバイスを一つずつ実行するうちに、キーラは自信を持ち、自分の力でお金を稼げるようになり、仲間ができ、成長していく。

 

という物語。

 

キーラがマネーに教わったお金持ちになるために大切なことは以下のようなものです。

 

キーラがマネーに教わったこと

  • 自分の目標を決める
  • やってみるじゃなくて「やる」
  • 大切なのは能力より自分を信じる力
  • お金を稼ぐために大切なこととアイデアのヒント
  • 努力していれば助けてくれる人と必ず出会える
  • 準備できている人だけがラッキーに気づくことができる
  • 金の卵を産んでくれるガチョウを見つけよう

 

 

お金の勉強は早いうちに

小学5、6年くらいから中学1、2年生くらいの方におすすめです。

 

このくらいの年代って、だんだん行動範囲や交友範囲が広がって、しかも、大人が思うよりも「お金」について現実的な悩み・・・

 

例えば、

  • お金があればもっと買いたいものを買えるのに
  • お金がある人が偉いのかな?
  • お金がないと、友達と一緒に遊びにいけない
  • お父さんって、どれくらい給料もらってるのか?
  • 今住んでる家って、「住宅ローン」いくらだろう?
  • わたしのおうちってお金持ちなのかな、貧乏なのかな?
  • 欲しいもの、いきたい学校があるんだけど言っても大丈夫かな?

などと、

友達と話したり一人で何となく考えたりしているものです。

 

ただ、「お金の話」って、しない方がいいんだろうな・・・ と、なんとなく感じているものなんですよね。

 

だからこの時期に

  • 世の中のお金の仕組み
  • 何のためにお金儲けをするのか
  • お金と夢の関係って?

といったことを知っておくのは、とてもいいことだと思います。

 

ストーリー仕立ててわかりやすい

お金の話の本って、何だか難しそう・・・ と思うのは、大人の思い込み。

 

この本は金融や経済の知識や言葉を知らなくてもわかりやすく優しい言葉でストーリー仕立てになっていて、きっと「とっつきやすい」と思います。

 

もちろん、大人が読むのにもスラスラ読めて、すぅーっと腑に落ちる感じがします。

 

 

キーラはマネーから、生活の中で起こる出来事や親との関係のなかでから、「富の法則」や「お金儲けのルール」を時には厳しく、特には優しく説かれ、どんどんお金について学んでいき、稼げるようになっていく・・・

 

マネーという犬が、貯金や借金について、お金を稼ぐ方法や心構え、投資についても優しく教えてくれます。

 

3つのおすすめポイント

わたしの考える、この本のおすすめポイントを3つにまとめると、

  1.  ストーリー形式で読みやすく、理解しやすい言葉と表現で書かれている
  2. 本の中で時々出てくるワークが、簡単なレベルで手軽に取り組める
  3. なんども読み返したくなるような、言葉に響く言葉が多い

 

ということです。

 

大人が読んでも心に響く名言

ストーリーもわかりやすく、ワークもとても大切な気づきがあるものですが、手軽で簡単です。

 

そして、「保存版」にしてなんども読み返したくなるような、心に沁みる名言がたくさんあります。

 

例えば・・・

  • 「何かやると決めたら、72時間以内に実行に移すこと。そうでないと永久にできないだろうね。」
  • 「やると決めたことは迷わず実行に移さなければ駄目だということなんだ。ただよく分からないという理由で、ためらってしまって、結局なにも実行できない人があまりにも多いんだ。」
  • 「やってみるんじゃなくてやるんだよ。(中略)『やってみる』なんていうのは、前もって自分に言い訳しているにすぎなんだよ」
  • 「一番いいのは、まず何が好きかってことをはっきりさせることだよ。それからどうやったらそれでお金が稼げるか、よく考えることだ。」
  • 「それはお金のない人たちが決まって犯しているミスなんだ。つまり彼らはいつもさしせまった事柄にかまけていて、大事なことをする時間がなくなっちゃうんだ。」

 

などです。

 

こうしてそこだけ抜き出すよりも、前後の文脈を併せると、よりグッと心に突き刺さる感じがしますし、腑に落ちます。

 

 

まとめ

この本は、もともと20年近く前に発売された本ですが、わたしはいまだに時々読み返しています。

 

書いていることに古臭さを感じないのは、書かれていることが不変のことだからでしょう。

 

この本を買った当時は借金がありました。

その返済の仕方がとても参考になって実践したおかげで、返済と投資資金づくりが同時にできました。

 

 

また、どうやって貯金をしていこうか・・・ という面でもとても参考になりました。

表現がとても優しくてわかりやすいので子どもにもおすすめですが、これからお金の問題に直面するであろう大人にも大変おすすめです。

 

私が読んだのは 「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」 というタイトルでしたが、最近 村上世彰 氏の監修によってリニューアルされ、「マネーという名の犬」というタイトルで発売されていますので、読んでください。

 

 

 

これは是非おすすめ!

なぜ日本円だけでなく外貨で、しかもできることなら日本以外で日本円以外の資産形成や運用をした方がいいというのか。その思いや考え方をすべて網羅し、しかも私がお伝えするよりも格段にわかりやすい資料と音声コンテンツがこちら。

特に、第2部の「隠された日銀の真の目的とは?」 「ほとんどの人の目には見えない税金の正体」 や、第3部の「初心・中級・上級者向け お金を守るための対策」は、必聴です!

 
 

詳しくはコチラ

 

お問い合わせはLINEでお気軽に!

お友だち追加

下の「お友達追加ボタン」か「QRコード」でLINE公式アカウントにお友達登録後、お問い合わせやメッセージをください。「オフショア保険のことで」などとお送りいただけるとスムーズです。

また、海外投資やお金の学びになる情報も発信しています。

友だち追加

頂いたメッセージには 遅くとも24時間以内に返信させていただくよう努めています。
また、いつでも解除可能です。

 

 

メルマガでも情報を発信しています

メルマガ登録

保険やファンド、お金に関する学びなど、ブログに書きにくいことや違った視点での情報を、メルマガでお伝えしています。

【成幸へのプロジェクト】海外投資・ファンド情報のメルマガ登録はこちら か、

下のQRコードで

 

米国株投資をするなら必須の情報です!

オックスフォードキャピタルレター

オックスフォードインカムレター

-Mindset, books

© 2021 UmikazeKaoru