fbpx

その他

ネタがなくて書けないときは自分に質問してみてその答えを書くといい

投稿日:

ブログを書いている人の多くが抱える悩みに、「ネタ切れ」があると思います。

特に、ブログを書き始めた頃はそうですよね?

 

書かないといけないのに、書けない。何を書いたらいいかわからない。

だから書けない・・・

 

そんな悪循環にハマる人も多いのではないかと思います。

 

こんにちは。

アラフィフ会社員ブロガーの たく です。

 

ブログを書き始めて1年2ヶ月、記事数としては300を超えました。

でも、いまだに「何書こうか・・・」と、PCの前で1時間固まってしまう・・・ なんてことも、時々あります。



 

こうすればネタが見つかる

「ブログに何を書いたらいいのかわからない」

「ネタがない」

 

そんな悩みを抱えて思考がグルグル、悩みすぎて「今日はだめだ・・・」と諦めてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

これって、ブログを始めてしばらくした頃にやってくる悩みなんですよね。

そんな時、ボクはこうしています。

 

自分に質問をしてその答えを文章にする

たとえ10記事でもブログを書いているなら、「どんな人にどんなメッセージを伝えたいか」とか、「どんな人のどんな悩みを解消してあげたいか」というのは、なんとなくイメージできていると思います。

 

その人から自分がどんな質問を受けそうかを想定して、その答えを書くとそれが記事ネタになります。

勝手にイメージした「ボクがメッセージを届けたい人がしてくる質問」を作って、その答えを書くようにしているんですね。

 

誰でも質問されれば答えられる

ボクはそんなに饒舌な方ではないし、むしろ口下手で1日中誰とも話さなくてもそれほど苦痛を感じるタイプではありませんが、誰かに質問をされたらいろんなことを話せます。

 

というか、時々「あんまり喋らない人かと思ってたけど、違った」って言われることがあるくらい、質問されたらよく喋るみたいです。(あまり自覚はありませんが)

 

一見、おとなしそうに見える人でも何か質問すればほとんどの場合何か話してくれますし、質問が上手な人だと思いのほか話が弾んだり、つい余計なことまで話してしまう・・・という経験は誰にでもあると思います。

ブログの記事にする場合は、自分がメッセージを届けたい人から質問を受けている場面をイメージし、自分がその人に話したりアドバイスしたりすることをそのまま文字に起こすイメージで、ブログを書けばいいですね!

 

今、ボクも、「ブログに書くネタが見つからないとき、どうしていますか?」という質問を受けているつもりで、この記事を書いています。

 

どうしても質問が思い浮かばないときはYahoo!知恵袋で

とは言っても、どうしても質問が思い浮かばないときもあります。

 

そんなときは Yahoo!知恵袋 などを活用して、自分がメッセージを届けたい人はどんなことに悩んでいるんだろう・・・? ということを調べます。

 

解答欄を読みながら、自分ならこういう考え方をするな〜 とか、自分ならこれじゃなくてこっちの言葉を使うな〜 とか、いろいろ考えながら文章にしています。

 

過去記事をリライトする

ブログに書くネタが見つけられなくて悶々とするときは、もう一つの方法として、過去記事をリライトするということを、やっています。

 

過去記事を読んで表現を変えてみたり、古くなった情報を書き換えたりするわけですが、こうすることで「別の記事とリンクできるじゃん!」ということが発見できて内部リンクを貼れたりしますよね。

 

そして、過去記事を読むことで自分の成長を実感できたりします。

 

ボクもそうですが、最初の方の記事を読むと「なんてバカなことを書いてるんだろう・・・」とか、「タイトルと内容があってないよ・・・」とか、「なんでこんな言葉を使うかな・・・」とかいろいろ発見できます。

 

必ず、過去記事より今に近い記事の方が、より洗練された伝わる文章になっているはずなんですよね。

 

リライトする記事を見つける

リライトすると言っても、過去にさかのぼって1記事目から・・・ なんてことはやりません。

なぜなら、はっきり言って時間の無駄だから。

 

ボクが記事をリライトする基準は、

・全期間通じてあまり読まれてないけど、昨日 1以上検索からアクセスがあった記事

です。

 

ボクのブログも、書いたけど「アクセスほぼゼロ」という記事は、いくつかあります。

アクセスが1以上あるというのは貴重で、需要があるということなことで、その記事をより「届けたい人に届くように」リライトします。

ゼロを1にするよりも1を2や3にする方が容易ですよね。

 

グーグルさんにお世話になっています

ほとんどの方が何かしらのアクセス解析ツールを入れていると思いますし、ほとんどの方がアナリティクスとサーチコンソールを活用されているのではないかと思います。

ボクもそれをアクセス解析の参考にしています。

 

特に、サーチコンソールで

・検索トラフィック → 検索アナリティクス から ページ → ページをフィルタ

で、対象記事のURLを入れてクエリを確認して、その記事に流入するキーワードを調べることは、やっています。

 

まとめ

ブログに書くネタが見つからないときは、

  1. 自分に質問をし、その答えを文章にする
  2. 過去記事をリライトする 

ということをやっています。

 

ブログを多少でも書いているということは、情報発信はできているんですよね。

なのにブログが書けないのは

・自分が持っている情報発信力に気づけていない
・自分の持つ情報発信力を活かしきれていない

の、どちらか(もしくは両方)です。

 

「時間がなくて書けない」のとは別次元の進歩した悩みですので、ある意味、「行きたい方へ向かって確実に能力を伸ばしていけてる」と思ってOKです!

 

[box class="yellow_box" title="時間がなくてブログ書けない人は読んでね"]時間がなくて書けないという人は多分一生書けません[/box]

 

アウトプットには適切な質問が必要

すでにブログで何記事か書けている人は、自分の思いや考えを言語化し文章化することができる人なので、適切な質問さえしてあげたら、きっと溢れるように言葉が出てくるはずです。

 

だけど残念ながら、世の中、適切な質問をしてくれる人って少なくて、インタビュアーの中にも「もっとちゃんとした質問しなよ・・・」って感じる人も、実は多いです。

 

だから、自分が自分に質問をするときも、適切な質問を投げかけられるか ということは、結構重要ポイントです。

 

ネタに困ったらそのときは質問力をあげるチャンス!

 

届けたい人がするであろう質問を自分自身に投げかけて、それに丁寧に答える。

その答えを文章にしてブログにし、発信する。

 

その繰り返しで質問力も向上しネタに困りにくくなるだけではなく、言葉の選択や表現方法も鍛えられていくので、自然とキーワードの選定も上手くなっていくはずです。

 

誰かがブログを読んでくれて、その人の悩みや問題が解決したり解消したりして、笑顔の多いその人なりの幸せを感じながら人生を歩んでくれたら、嬉しいですよね!

 

ブログって誰が読んでくれるかわからないけど、確実に誰かを幸せにすると思うんです。

 

それは世の中に価値を提供しているってことです。

自信持ってブログを書いていきましょう!

 

-その他

Copyright© 旅人投資家のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.