消費者より生産者側に立つビットコインマイニング

ビットコイン(BTC)も一時 140万円を超えました。

直近では102万円くらいに下がったりもしましたが、現在(2019年7月19日)は113万円前後と言ったところ。

 

わたしの勝手な予想では、2019年後半、200万円くらいまで上昇するのではないかと期待を込めて予想しています。

 

そして、今後も上下を繰り返しながら500万円を目指していくと思うので、「ガチホ」します。

もちろん、自己責任でお願いします(笑)



仮に、私のように今後もビットコインの価値が上昇していくと考えるなら、今の水準は決して高くありません。

 

したがって投資の基本、

「安く買って高く売る」に従ったら、今は売るべき水準じゃないということですよね。

 

ただ、購入した時はもっと安かったのでそこから見ると、もしかしたら売る水準なのかもしれません。

 

人は弱いもの・・・ という前提に立つと、どうしても一時的な値動きに一喜一憂し、売ったり買ったりしてしまいがち。

上下左右にブレるのは値動きではなく、実は自分の心理状態だったりします。

 

投機ではなくビジネスという視点

投機という視点で見ると、利益が出ているうちに確保する。

という方が、よい気がします。

 

でも、わたしが参加しているのは「マイニング事業」です。

農業や工業でいうなら、消費者ではなく生産者側(メーカー)です。

 

どの世界でもそうだと思うのですが、

  • 消費者よりもメーカー
  • プレイヤーよりもディーラー

が、より大きな利益を持てるようになっていますよね。

 

ビットコインも

消費者側よりも、作る側に立った方が有利だな と思っています。

 

去年の秋から今年のはじめにかけてビットコインの価格は低迷し、日本でマイニングしていた企業は、相次いで撤退をしました。

 

周りからも、無理だよ・・・

なんて散々言われてきましたが、50万を超え、80万を超え、100万を超え・・・

 

次第に安定的に運用ができるようになっています。



中期的な目線で見るとかなり有利な投資

マイニングには機器が必要ですが、その耐用年数は4年。

4年立つと、また新しい機器を導入する必要があります。

 

運用している4年の間には、様々なコストがかかります。

例えば、

  • 機械を稼働させる電気代
  • 保守してくれる人への人件費を含めた保守費
  • 場合によっては故障した箇所の部品・修理代

 

などです。

 

でも、電気代も人件費もマイニングを撤退した大手さんと比較すると、電気代に至っては約4分の1ほどと格安にできているので、かなり有利に運用できています。

 

どんなものかな〜? とちょっと興味を持った方がおられましたら、ぜひ一度、マイニングファームに見学に言ってみるといいと思います。

 
ファームの管理者におつなぎします。
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/