10年間で払込み保険料の約3.3倍を受け取れて、なおその先も運用できるオフショア保険

ボクも契約しているオフショアの保険 FTライフ社のリージェントプレミア2(リージェント2 プレミアバージョン)。

 

本当に、この保険にもっと早く出会っていたら・・・ と思うと、ちょっと悔しい。

 

保険に限らず投資やお金の話って、若い時には本質を理解できず、年齢を重ねると「もっと早く知っていれば・・・」って思うパターンが多いと思います。

 

でも、今さら過去を残念がっても仕方ない。

少しでも自分の経験したことや知った情報を発信し、誰かのお役に立てたらいいなと思ってこの記事を書いています。(投資や保険への勧誘は目的としていません)



FTライフ リージェントプレミア2は、こんな商品

2018年4月、ほぼ日帰りの日程で香港へ行き、契約してきたのが FTライフ社のリージェントプレミア2 という保険。

正式には、リージェントインシュランスプラン2プレミアバージョン というらしいです。

 

FTライフ社

FTライフ社って日本ではあまり馴染みがない保険会社かもしれませんが、香港ではもっとも知名度のある保険会社の一つ。

もともと創業は1824年で、以前はベルギーのブリュッセルを拠点とするエイジアス(Ageas)いう社名で活動をしていました。

 

2015年、香港エイジアスが北京を本拠とするJDグループに買収され、2016年から現在のエフティーライフ(FTLife)へと改称となりました。

買収されたというと経営が不安定でダメな会社とイメージされる人もいますが、主に海外の「買収」はその地域でより強固な知名度や営業力を手に入れるためという意味合いが強いんです!

 

2018年12月28日追記
FTライフ社はJDグループから香港資本のニュー・ワールド・デベロップメント(新世界発展)が買収することになりました。

その価格は、約27億ドル!

JDグループは約3年で14億USドルから27億USドルと、ほぼ倍の価値で売ったことになります。

これは、香港の保険業界史上、最高額での売却となりました。

わたし個人としては、香港資本になってよかったなと思っております!

 

リージェントプレミア2の内容

この保険の特徴や魅力は、

■短い払込期間かつ低い保険料から始められる
2年 4,500米ドル/年~ (損益分岐点6年目)
5年 2,400米ドル/年~ (損益分岐点7年目)
10年 2,400米ドル/年~ (損益分岐点10年目)

■満期は128歳まで延長可能
途中で被保険者を変更すると新しい被保険者が128歳になるまで満期が延長
つまり、引き継いでいけば実質無期限(相続にも最適!)
また、名義変更は親族以外も可(審査あり)

■死亡保障は最低でも105%
払い込み済み保険料の105〜110%以上が戻ってくるので実質元本割れなし

■高い返戻率かつ保障キャッシュバリュー
変動金利 (IRR最高内部収益率6.8%) 、保証された返戻金(保証キャッシュバリュー)が高く、途中で引き出しが可能

■返戻金受け取りオプション
死亡保険金、解約返戻金の受取頻度の設定可 (月払い、年払い等)
残金に2%の金利(変動性)付与

 

自分年金づくりや資産の継承にぴったりの保険です。

 

リージェントプレミア2のシミュレーションの一例

これからお伝えする情報は、シミュレーションの一例です。

必ずしもシミュレーションどおりにいかないこともありますので、一つの参考としてお受け取り頂けたら幸いです。

 

払込み保険料の約3.3倍受け取れて、なお運用・継承できる

個人年金保険をかけている人も多いと思います。

今、かけている個人年金保険は、払込み総額の何倍受け取れますか?

 

リージェントプレミア2は満期が128歳ですが、例えばこんな利用や運用ができます。

シミュレーションの一例

契約時:39歳・ノンスモーカー

保険料年額:3000USドル 払込み期間:5年

65歳から10年間、年額5000USドルを年金がわりに受け取りたい。

(👆ある方のシミュレーションですが、小さくて見にくいと思いますので、ご自身のプランに合わせてシミュレーションをご請求くださいね)

払込み総保険料は、15,000USドル
年金がわりに受け取る額は、50,000USドル(払込み保険料の約3.3倍)

75歳以降、運用しつつ時期を見て子へ継承

 

仮に、1ドル=112円だとすると、

払込み保険料:168万円 に対して、年金代わりに受け取るのは560万円!(税金がかかりますが・・・)

円安が進めばさらに多く受け取れます。

円高になれば手取りは目減りしますが、1ドル=50円になったとしても受け取りは250万円相当です。

(今後、日本とアメリカの国力の関係から円安になるのではないかと思っていますが、どう思いますか?)

 

さらに、そこで終わりではなくてまだまだ運用し続けることができて、子や孫へ資産として継承していくことができるんです!

 

もちろん、年金代わりに受け取る期間や金額は、一定の範囲で任意で設定が可能。

 

わたしは、富国生命の個人年金に入っていましたが途中解約して(多少損しましたが)乗り換えました。

今入っている保険と見比べて、乗り換えを検討してみてもいいかもしれませんね!

 hongkonghoken.com
【FTライフ】リージェント2プレミアバージョン(リージェントプレミア2)
http://hongkonghoken.com/hongkong-offshore-rg2/
わたし自身も加入している香港の保険 FTライフ社の「リージェントプレミア2」   正式名称はリージェント2プレミアバージョンと言います。   投資や保険の話って、若いうちは自分ごととして捉えられず受け
続きを読む

 



 

比較検討の材料にシミュレーション

この「リージェントプレミア」をはじめ、オフショアの保険の話を知ったのは、ほんの2年ほど前のこと。

正確には、もっと前から知ってはいましたが、興味がなかったので真剣に学ぼうとしなかった。

そんな経験もあって、今では「もっと前から真剣に学べばよかった」と思っています。

 

同じような後悔をして欲しくない。

 

そんな思いから、実際にシミュレーションを手にとっていただいて、今検討していたり加入している保険と見比べて欲しいと思い、無料でシミュレーション作成をしています。(正確には、私自身が作成しているのではなく、取り次いでいます)

 

ぜひ真剣に考えたい、比較検討したいという方は、ご依頼くださいね。

 

お金の話って、なかなか気楽にできる仲間っていませんよね?

お金の専門家(FPや保険の営業マンなど)も、自分の営業成績を上げるために、必要のないものを勧めてくることも多々あります。

 

オフショアの保険は、日本の同種の保険と比べると、格段にいいものが多いです。

 

シミュレーションをご依頼いただくのは、感度の高い素敵な方が多いです。

真剣に人生を考え、お金について考える方々といい関係づくりができたらいいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/