平安神宮で感謝と誓いを伝えたら思わぬ収入に繋がった話

お寺や神社が好きです。

なんとなく、背筋がピンとして「ちゃんとしなきゃ」って気持ちと身体が凛とするのと同時に、心が和むというかホッとする場所です。

 

わたしにとって、神社やお寺はお願いするのではなく感謝を伝えるところ。

 

最近、なんだか疲れてるな・・・ と思った時に、そうだ!春だし京都に行こう!ということで平安神宮に行ってきました。

感謝を伝えると同時に、「これからやること」を伝えたら思わぬ収入に繋がりましたので、感謝を込めて書きたいと思います。

takeshi
こんにちは。アラフィフブロガー たく です。

 

しいたけ占いではいいはずなのに・・・

乙女座のわたくし、2019年上半期 しいたけ占いでは4月の運勢は、「完成させていく」ということで “Lucky!” マークがつく、上半期最高の月! のはずでしたが。。

なんだか、4月に入って調子が悪いというかいまいち気が乗らないというか、モヤモヤした感じがありましたので、桜の季節ということもあり、しばらく行ってなかった京都の平安神宮に行ってみました。

 

モヤモヤの理由

気持ちがモヤモヤしている理由の一つに、半年ほど前から自分にとってはものすごく理不尽で不当な扱いを受けたんですね。

そのことについてはまた別の機会があれば書きたいと思いますが、自分にとっては人生が変わる出来事でした。

 

といっても、ずっとしたいと思っていたことをスタートさせる踏ん切りをつけさせてくれた出来事なので、今となっては感謝しかないのですが、その時はまだモヤモヤした気持ちでいっぱいだったんです。

 

京都・平安神宮へ

平安神宮に参拝した理由は特になく、近くに別の用事があったためでした。

あいにくの雨でしたが、空いていて良かったです^^

応天門をくぐり、大極殿を遠くから眺めつつ、今日もここへ来れたことへ感謝。

20過ぎから12年ほど京都に住んでいたのですが、平安神宮や岡崎周辺が好きで時間があるとよくきてたんですよね。

 

なんとなく落ち着きます。

大極殿に近づいてもう一度お礼を。

なんとなく、凛とするんですよね、この朱色の佇まいを見ると。

 

訪れたのは、4月10日。

 

桜も、もうそろそろ終わりかな〜 という時期。

大極殿を正面にして左方向の 神苑入口から平安の苑(へいあんのその)へ入らせていただきます。

 

平安の苑は春は桜、秋は紅葉が美しいのですが、それらの管理や手入れをしてくださる方々へ感謝を込めて、入場料を納めます。(いくらか忘れました。600円だったかな・・・?)

 

入らせていただくと、それはもう、思わず「雨でよかった!」と思えるほど美しい桜。

晴れた日の青空にも映えますが、雨に濡れてしっとりとした瑞々しさ、垂れる雫が、心を落ち着けてくれる気がします。

 

激しい雨だとこうはいかないでしょうが、ちょうどいい、しとしと降る感じの雨は、ピンク色にみずみずしい輝きをプラスしてくれます。

桜の種類もいくつかあって、ソメイヨシノとは違う かさねがさねのちょっと濃いめのピンクが美しい枝垂れ桜もアートですね。

期待を裏切らないことの大切さ

桜を見ると思うのですが、毎年きれいですよね。

 

「期待を裏切らない」って、やっぱり大事。

毎年 必ず美しい姿を見せる、期待を裏切らない桜からそんなことを感じます。

 

自分の言動でがっかりさせてはいけない。

 

粛々と準備する

桜も、ある時期がきたら美しい花を散らして捨ててしまい、来年の準備に入ります。

そして、緑の葉を広げたくさん太陽を浴びて、来年の美しさへの源を溜め込むんです。

やがてその葉も散らして、一見すると無活動な冬。

 

じっとしているようでも内部では粛々と準備を進めているわけですよね。

(理系的にいうと違うのでしょうが、ここは情緒的に 笑)

 

立てた誓いを伝えてみる

自分としてはとても理不尽な扱いを受け、新たな一歩を踏み出すことになったこの春。

ちょっとした誓いを、実は立てていました。

 

誰にも言っていないのすが、平安神宮・平安の苑の桜には、伝えてみました。

毎年、思い描く通り、イメージ通りの美しさを見せてくださるあなたさま(桜)のように、わたしも自分が思い描く人生を一歩一歩着実にあゆみをすすめ、思い描く通りの人生を咲かせます。

だから時々、必要な場面で必要な課題や問題を与えてください。

その解決・解消を図りながら成長を続けてまいります。

後日の出来事

平安神宮で独り言を唱えた10日ほどあと、いままでスムーズに進展していなかったことが急にうまくいき、それが収入につながりました。

 

また、その後も続けてブログからお問い合わせをいただき、いいつながりをいただいたり、収入に繋がるようなことがありました。

また、今すぐにではないですが、実現したかったことが実現しそうな道しるべを発見することができました。

 

これは、だれがなんと言おうと、平安神宮で唱えた感謝と誓いのおかげです!

 

ありがとうございます!

神社やお寺でやること

神様だってきっと、

「おまえ、いつもお願いばっかりで、自分で何かしようとしてないよね!?」

「自分のことばっかりやん? もっと誰かの役に立つこと 考えられへんのかなぁ」

と思うはず。



神様・仏様の視点を想像してみる

神様・仏様もきっと、自分だけが成功したり幸せになったりすることを願う人よりも、周りのみんなを巻き込んでハッピーにしたり、誰かの役に立ち、その結果自分にも少しだけ分け前を・・・ と願う人の方が好きだと思うんです。
世の中の多くの人が「楽しい」と感じたり「幸せ」と感じる世の中を作りたいんじゃないかな。

そして、そういう世の中を作りたいと思う人を応援したいんじゃないかな と思うわけです。

 

神様・仏様に応援される

多くの人が、神社やお寺に行ってお賽銭入れて「100万円 手に入りますように」とか「世界一周旅行にいけますように」など ”お願い”をしますよね。

 

そうではなくて、まず自分がイマココに存在することに感謝し、神様・仏様のご加護に感謝する。

その上で、自分が自分に立てた ”誓いを宣言する” のが大事なんだそう。

 

例えば「100万円手に入れる」と誓いを立てるなら、できるだけ具体的に「これをこうやって100万円稼ぎます。そしてこういう人間になります」と、流れやストーリーが理解しやすいかが大事なのだそうです。

 

 出口も一緒に誓う

もし「稼ぐ」ことが入口だとしたら、「使う」ことは出口。

この入口と出口を一緒に神様・仏様に伝えることが大事だそうです。

例えば、「100万円手に入れる」なら、手に入るまでのストーリーと手に入った後その100万円を使って何をしたいかを明確にしておくことが重要だそうです。

 

使い道をできるだけ具体的に、そしてお金を得たことによって世の中、世界にどのようなリターンを与えるか?までを考える必要があるのだそう。

しっかりと感謝を伝え、神様や仏様が「おぉ!それいいねぇ!」って乗っかってくるような誓いができたら、願いは叶うのだと思います。

 

もう一歩、先へ

わたしが尊敬する方に教えていただいたのは、

感謝する

誓いを宣言する

ではなく、

ただ、ひたすら感謝するのみということ。

神社やお寺では、感謝のみ

考えてみれば 感謝以外の何かをすることって、結局 願ったり交換条件を出したりってことに繋がりやすいですよね。

つい、「こういう誓いを立てたので、叶えてください」と、意味を込めてしまいそうです。

だからわたしも最近ではそういう「下心」を無くして、ひたすら感謝のみ をお伝えするようにしています。

 

お寺や神社は、最高の癒しスポット。

お願いばかりでなく「感謝の気持ち」を伝えることも忘れないようにしたいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/