できない その意味を考える

やらなきゃいけないのに、できない。
やりたいのに、具体的な行動に移せない。

あるいは、

以前はあっさりと、自らすすんでできたことが、
最近 できない。

 

そういう経験はありませんか?

 

そしてそんな自分を、
「ダメなやつ・・・」と、自己嫌悪になったりしていませんか?

 

そこには、あなた自身が気づいていない
「肯定的な意味や意図」
があるはずです。

 



 

甘受し我慢するのがオトナという価値観

わたくしは今、会社員をしています。

以前は、独立して新卒・既卒の採用活動や採用後の研修を担当したり
そのほかにもちょっとしたコンサル的な仕事を請け負ったりしたことが
ありますが、基本 会社員生活が長いです。

 

複数回の転職経験がありますが、転職を考えるきっかけとなったことは
共通しています。

 

それは、
できていたことができなくなったから。

 

今思い返して、より正確に表現するとすれば、
やりたいことだったはずの仕事が、やりたくなくなった。
だから、体がうまく反応しなくなったからできなくなったのです。

過去、会社員として従事していたとき、
ずっと感じていたことがありました。

 

それは、
自分の上司や先輩が、自分の理想とする生活や姿、生き方を
していないこと。

 

いかにも組織のために時間を使う感じで、
今 大きな企業の様々な不正やルール違反が明るみになっていますが、

「儲けるためには仕方がないとルール違反を黙認すること」

「自分は使いたくない、大切な人にはお勧めしない商品やサービスを、
一押しです!と言って売ること」

「効率よくすすめれば定時で十分終わるのに、わざと進捗を遅らせ、
時間を掛け、残業や休日出勤代を稼ぐような働き方をすること」

 

などなど。

 

きっとあなたの属する組織にも思い当たることはあるのではないでしょうか。

 

 

そんな小さな不満や明るくない未来を感じるたびに、
自分でも気がつかないうちに、「早くこの組織を抜けたい」と思うように
なってしまっていたのですね。

 

それでも、
「会社なんてどこでもこんなもの。生きていくためには給料がないと
いけないし、そういうことを甘受して我慢することがオトナ」

 

という価値観もありました。

 

やる気がないからできない

会社組織の中で魅力的な人を見つけられなかったわたくしは
組織の外で出会う人に興味を持ち、積極的に話を聴きに言ったり
セミナーや勉強会などに参加するようになりました。

その結果、
より自由な生き方を志すようになり、たくさんの知識や方法を
学びました。

 

そういう経験を重ねていくうち、以前にも増して組織の人だけでなく
仕事そのものにも興味が持てなくなり、小さな心の器がいっぱいに
なって溢れ、その結果 起こったこと。

 

それが

「今まで普通にこなしてきたことができない」

ということでした。

 

例えば、
会議資料を作成したりまとめたり、それに基づいて上司に話してほしい
ポイントをまとめた原稿を作成したり・・・
プレゼンのためのパワーポイントを作成したり、上司の出張のための
宿泊や交通を手配するごく単純な作業でさえスムーズにできなく
なって行きました。

 

取り掛かろうとしても、以前は1時間もあれば作れた資料ができない。
時間を掛けないとできないだけではなく、取り掛かることすらできない。

指示されたことや、やらなければならないことを忘れてしまう。

 

そんな日々を過ごすうちに、最初は「体調でも悪いのか」と心配してくれた
上司も面倒になってくるのか、次第に仕事を任せなくなっていきました。

 

ある日、
以前の自分ならすんなりできた資料の作製ができていなかったとき
「こんなこともまだできていないのか。やる気がない証拠だ。」
と、大勢の前で叱責されてしまいました。

 

そのとき感じたのは、
恥ずかしいとか悔しいとかではなく、

「まさにその通り!」

という、妙に腹落ちした納得感でした。

 

やる気がないからできない

 

これほど的確に
今の自分状態を表した言葉はないな・・・ と思いました。

 

その言葉をかけられて少しして感じたこと。

 

「この組織から抜けること。
それを行動に移す為に誰かに背中を押してほしかったんだな。」

 

「できない」の肯定的意味や意図

できない とか やりたくない 、行動に移せない とか・・・

 

一般的にはネガティブな言葉であり行動です。

 

でもそこで反省したり、
「自分はダメなヤツだ・・・」 などと自分を責めて傷つけ、
自己嫌悪になって暗くなるよりも重要なことがあります。

 

それは

心の中で溢れ出し、何度も何度も繰り返し想っている
自分の本心に向き合い、気づく

こと。

できない やりたくない 行動に移せない のは、
あなたがダメ人間だからでも、能力がないのでもありません。

 

あまりに想いが溢れすぎて、
理性と本能がうまく整合を取れなくなってしまい、
理性で指令する方向に体が動かなくなってしまっただけなんです。

 

だから、

できない
やりたくない
行動に移せない

といった症状が現れたときにすることは頑張ることではないんです。

 

その ネガティブな状態の肯定的な意味はなんだろう? と
自分と対話し、本心と向き合うこと
を、するべきなんですね。

 

わたくし場合は
—————————————————–

早く本心に気づけ!
本心から自分のやりたいことを早くやれ!

—————————————————–

という、潜在意識からのメッセージだと認識し、
組織を抜ける(退職する)準備を粛々とすすめました。

 

その過程で、
給料以外に収入を得る方法も、いくつか実践しました。

 

その結果、
長時間労働から解放され、不要な人間関係の鎖を解き放つことが
できました。

 

多くの人が「ダラダラと」残業しているなかで定時で退社することは
少し勇気が要りました。

会社主催の飲み会や取引先との付き合いも、一次会だけで抜けることも
多少の勇気が必要でした。

 

でもそうすることで、
自分が本当にやりたいことに気づけたし、それに向けて準備したり
取り組む時間も確保することができました。

 

残業代以上の副収入を得る方法も手にいれ、
「もしかして、給料なんてもらわなくても生きていけるんじゃない?」
という、自信も手に入れました。

 

こんな質問を自分にしてみてください

できない、やりたくない、行動できない・・・

そんな思いや出来事、体の反応を体験している人がやるべきことは
反省したり自己嫌悪になって落ち込んだり、頑張ることではありません。

 

自分が大好きと感じる静かな落ち着く場所で、
自分に質問してみてください。

 

今 感じたり体験しているネガティヴな出来事
=====================================

その肯定的な意味や意図は、なんだと想いますか?

=====================================

そんな質問を潜在意識に向けてあげると、
すぐか少し時間が必要かはわかりませんが、必ず答えを返してくれます。

 

心が返してくれた答えを、
もしよかったらコメント欄に書いてみてくださいね。

 

何か感じた事があれば是非、それらを言葉にしてみてください!

 

ノートを一冊作って質問と答えを書き留めておくのも、とても有効です!

 

もし
自分ひとりでは「心と対話することが難しい」と感じるならば
ぜひ こちらを読んでみてください。

喜んでお手伝いさせて頂きます。

https://umikazekaoru.com/personal-session/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/