苦手意識は大人特有の悪い癖 

苦手だからできないと思う・・・

 
その気持ちは大人特有のものなのかもしれません。

 



 

娘が2歳の時にオーストラリアに引っ越し、3年。

 

今5歳だという友人と話していて改めて気がついたこと。

 

 

その友人は学生時代から英語が苦手で、
オーストラリアに引っ越しが決まった時も
頭痛や嘔吐する日が続くくらい悩んだそう。

 

離婚して、日本に残ろうか・・・ と思うくらい
思いつめたそうです。

 

 

オーストラリアに引っ越してからは
テレビを見ていても買い物にスーパーに行っても
当然周りからは英語が聞こえ、目に飛び込むもの全てが日本語以外。

 

 

ウチでまだ言葉を話せない娘に、
日本語で話しかけることが毎日のストレス解消だったそう。

 

 

ところがある日突然、
娘が英語を話し出したそうです。

 

 

子供なりに周りで飛び交う英語を頭にインプットし、
ある日突然溢れ出したのでしょう。

 

スーパーに娘を連れて行くと、知らない人に笑顔を振りまき、
その笑顔を構ってもらっているウチに・・・

何気なくつけていたテレビから流れる英語を聞いているウチに・・・

 
少しずつ英語がインプットされていたのでしょうね。

頭の中にあった「英語を話せるようになるコップ」に
知識や経験が溜まって溢れ出す。

 
溢れ出したときが出来るようになる瞬間。

 

 

 

英語が苦手だったという過去に引きずられる大人。

 
それはもしかしたら、
まだコップに溜まる知識や経験が溢れ出す前だっただけ。

なのに、
苦手だ・・・  できない・・・ と
勝手に決め付けてしまったのかもしれません。

 

 

それに対し
「あー、英語苦手だし…」なんていう意識はないのは当たり前。

親が英語が苦手てほとんど周りとコミュニケーションが取れないことにも
関係なく、突然英語を話し出した娘。

 

 

過去に引きずられて
苦手意識を持って避けてしまったり枠を作るのは、
大人の悪い癖なのかもしれませんね。

 

 

子供には、
苦手だから引きこもる、苦手だから諦めるという
選択肢すらないのですよね。

 

きっと、
子供のように素直に生きれば、もっと自由に生きていけるのでは?

 

未だに英語が苦手だという友人と話していて、
そんなことを感じたのでした。

 

 

【ひとり会議】
=====================================

嫌いじゃないけど苦手だから避けていること。
でも、本当はもう一度チャレンジしてみたいことは何ですか?

=====================================

 
もしよかったらコメント欄に答えを書いてみてくださいね。

何か感じた事があれば是非、それらを言葉にしてみてください!

ノートを一冊作って書き留めておくのも有効です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/