口座開設も超簡単!格安手数料のすごい海外送金サービス トランスファーワイズ

エストニア旧市街

Twitter見てたら、

っていうツイートがあって、「これ、知らない人たくさんいるな~」と思ったので、ちょっとだけ書いてみます。

 

海外送金に銀行や郵便局に行って長いこと待たされたり、いつ着金するか、どれくらい手数料がかかるのかわからなくてヤキモキする・・・

って方はトランスファーワイズ を使って、銀行を使った海外送金は「そういえば昔、銀行の窓口に行って長い間待たされたな〜」って、過去の思い出にしちゃってください。

 

銀行を使って海外送金するのは、あなたの大切な時間とお金の無駄です。

時間もお金も無駄にしないTransferWise(トランスファーワイズ)を使いましょう。

簡単なステップで4~10日前後で銀行より、数千円~場合によっては数万円も安い海外送金が行えます。

 

海外送金のようで実は国内送金!?

 

その秘密はこのサービスが生まれた経緯にあります。

 

トランスファーワイズの創業者であるターベットとクリストはどちらもロンドンで働いていました。

 

ターベットはロンドンで仕事をしていたものの、給料はポンドではなくユーロで支払われていました。

一方で同じようにロンドンで仕事をしていたクリストは、給料をポンドでもらっていましたが、本国であるエストニアで借りたローンをユーロで返済していたのです。

 

ターベットは生活拠点であるロンドンで、ポンドを必要としていました。

クリストは、給料こそポンドでもらっていましたが、ユーロに両替してローンを支払う必要があったんですね。

 

そこで二人は考えました。

 

ターベットはユーロをポンドに両替したい一方で、クリストはポンドをユーロに両替したい。

だったら、二人が通貨を直接交換したらいいよね!

と。

 

それぞれが銀行へ高い手数料を支払って海外送金するのではなくて、ウェブ上で公開されている為替レートを使って、公平感のある、通貨を直接交換できる仕組みを作り上げたのです。

・ポンドをユーロに換えたい人

・ユーロをポンドに換えたい人

マッチングさせている、いわば送金のマッチングサイトがTransferWise だというわけです。

円からドルへ替えたいときは、ドルを円に替えたい人をマッチさせればいい。

 

実際にはお金が海外に移動するわけではないため、無駄な手数料がかからない。

ありそうでなかった素晴らしいサービスです。

 

そんな、上手くマッチングできるの。。。?

なんて心配は、無用です。

 

なぜならもうすでに全世界で200万人以上がこのサービスを利用して送金していて、月間の送金額は日本円換算で1,500億円を超えるそうです。

 

トランスファーワイズを使うべき3つのメリット

このメリットだけで十分、「なんで使わないの?」といえると思います!

1.無駄な手数料が無いため、銀行と比べ最大何万円も安い
 →だって、国内送金だから

2.ネット上で簡単に海外送金の手続きが行えるため、時間の節約になる
→銀行が開いてる時間に行くのって、結構大変・・・

3.めちゃくちゃ早いサポート体制。メールですぐ返事がくるため時間の節約に
 →着金予定日など、いちいちメールで連絡くれます^^

そして今のところ少額であれば、マイナンバーが無くとも利用する事ができるんです。

 

手数料(送金コスト)について注意点

トランスファーワイズで送金する場合、かかる手数料は送金額の0.5%~1.5%。(国によって異なります)

50万円だと最大7,500円のコスト・・・・ って、銀行より高くない? と思った方。

 

かなり頻繁に海外送金をされているのかも知れませんね!

そういう方にこそおすすめのサービスがトランスファーワイズなんです!

銀行から海外へ送金する場合、「送金手数料」といわれるもののほかに、最大3つ(合計4つ)のコストがかかっています。

1.為替レートに乗っている隠しコスト (TTS/TTB)
2.受け取り側の銀行との提携がない場合の中継手数料
3.受け取り銀行側の手数料

 

この3つを「隠れコスト」と読んでいますが、トランスファーワイズ は、この隠れコストがありません。

 

銀行から送金した時に、着金額が「あれ?思ったより少ないな・・・」と感じませんか?

それは、隠れコストのせいなんです。

 

もちろん口座開設や使い方も簡単です!

トランスファーワイズは使いやすさをより向上させるために、日々工夫がされています。

以下のことと若干異なる場合がありますが、基本、表示に従えば簡単にできます!

【用意するもの】

  1. 本人+住所を証明する書類or身分証明書を1つ
  2. 送りたい先の銀行口座情報
  3. 自分以外に送る場合、相手に連絡するためのメールアドレス
  4. マイナンバー番号がわかるもの (無ければなしで良い)

 

 

あとは このリンクから登録作業をしていくだけ。

・「口座開設」のボタンか、もしくはSNSのアカウントでも口座を作ることができます

・送金額を入力しますが、あとで変更できるので、とりあえずで結構です

・個人間の送金か法人が絡むのかを選択

・自分の情報(住所など)を入力
トランスファーワイズから本人確認の郵便が届きますので正確に!

・送金先口座情報を入力
(もちろん、自分の海外口座へも送れます)

・本人確認書類をアップロードして送信
(スマホで撮影して画像をアップロード)

・入力内容と規約の確認

そこまでしたら、あとは少し(1~2日)本人確認や登録作業があるので、待ちます。

 

この「待ち」は初回だけです。

 

そうこうしている間に自宅に「アクティベーションコード」という4桁の数字が特定記録郵便で届きます。

 

ボクは、この時点でトランスファーワイズのアドレスをブックマークしていなかったので、あたふたしました。

ぜひそんなことのないように、ブックマークしておきましょう! (ここ▶︎トランスファーワイズ )

 

と、文章にすると長々しくてややこしそうですが、実際にやってみると非常に簡単です!

あっけないくらいです。

 

実際に使ってみたことが書かれていますので、ぜひ参考にしてみてみてください!
(リンク記事の最後のほうでトランスファーワイズを使っています)

 

娘や息子の留学や、ボクのように海外口座を持つのが趣味の人、海外にいる知り合いや友人に送るときにはとても使い勝手が良くてお得なサービス、トランスファーワイズ !

海外送金を銀行からされている方は、是非活用してみてくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/