投資の王道は不動産 情報格差を克服して有利な投資をしよう

不動産投資は、

  • 家賃収入などのインカムゲイン
  • 土地の価値(地価)が上がったタイミングでキャピタルゲイン(売却益)

 

をダブルでの収益を目指す形が理想的でした。

 

実際、過去の日本ではこれができていました。

 

今では、経済の成長状況や人口減少期に差し掛かったことなどから、土地の値上がり益(キャピタルゲイン)を得ることは非常に難しいですね。

 

とはいうものの、東京都内や福岡など都会の一部では不動産価格が上昇していて、そういった場所の不動産を購入した人は、キャピタルゲインを得ています。

 

これは、過去の日本のように経済が発展・成長したから土地(不動産)の価値が上がったと言うよりは、「サラリーマン大家」が増えたことによる需要の高まりが一因と言われています。

 

ただ、これら不動産価格の変動を予測することは難しいので、今後もキャピタルゲインを狙って不動産投資をやると言うのは、難しい状況です。


不動産投資は怪しい

不動産投資と聞くと一定数、「怪しい」とか「怖い」、「騙されそう」と感じる人がいます。

 

そう感じてしまう原因の一つに、バブル崩壊後に不動産で大きな借金を抱えた人の話を聞いたり、その後の日本経済の低迷などマイナスなイメージが強かったり、悪質な業者に不利な不動産をつかまされて苦労している人の例など、失敗例をたくさん見たり聞いたりしてきたことが、関係していると思います。

 

でも、不動産はきちんと学んで正しく活用すれば、すごく効率のいい投資であり、資産です。

 

インカムゲインを狙うのが現代流の不動産投資

冒頭でも買いたいように、過去の日本では不動産投資はインカムゲインとキャピタルゲインの両方を得られる「投資の王道」のようなものでした。

 

でも、現代ではほとんどの不動産に置いて、インカムゲインを得ることに主眼を置かれています。

家賃収入 ー ローン返済 = 手元に残るお金 で、

手元に残るお金は実質的には負担がない状態で生み出されるので、効率がいいのです、本来は。

 

頭にいれておきたい情報格差

一般に、個人が資産運用で持つべきものは、

  • 債権
  • 不動産

と言われます。

中でも不動産は、投資の王道です。

 

ただ、現代ではキャピタルゲインがほとんど狙えないため、インカムゲインを長期で得られる物件を、見極めなければなりません。

そのために必要なのは情報ですが、不動産においては業者と投資家に入ってくる情報に差がありすぎます。

 

その差を埋めたいと思って秘密のコミュニティを作りますので、不動産投資にご興味がある方はぜひこちらをお読みください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/