心理学 人生観

人生が好転する簡単なたった一つのコツとポイント

投稿日:2019年6月21日 更新日:

過去、パーソナルコーチについてもらってコーチングを受けたこともありますし、そのことで自分もその技術を身につけたいと思いそこそこ大金をつぎ込んで学んだこともあります。

 

そのおかげもあって社内で研修を担当したり、取引先に研修を頼まれたりしたので自分にとっては無駄ではありませんでした。

 

また、コーチについてもらって考え方や向き合い方を導いてもらったことと、学んだコーチング的スキルは私の人生に多大なる影響(良い影響)をもたらしています。

 

だから、コーチング(心理学を含む)を学ぶことは絶対に人生の役に立ちますし、「なんだか生き辛いな・・・」と感じて苦しんでいる人ほど、その学びを得ることで苦しみから解放され、人生が好転していきます。



コーチングは使えない

私にとってコーチングはとても有意義なものでしたが、少なからず「コーチングなんて使えない」という人がいるのも事実。

 

研修講師時代には社内外問わず管理職の方々からそのような声をよく聞きました。

 

その方々が「コーチングは使えない」という理由で多いのは・・・

「コーチングは使えない」という理由

  • コーチングでは業績が上がらない
  • 部下の行動が変わらない(営業成績が伸びない)
  • コーチングスキルを使ってコミュニケーションをとっても部下のやる気は低いまま

といったこと。

 

当たり前です。

 

「コーチングは使えない」という人の特徴として、コーチングを何か魔法のようなものと勘違いしていたり、コーチングスキルで相手を変えてやろうと無意識に強制力を働かせていたり、そもそもコーチングスキルが低い、使い方を勘違いしていることがほとんど。

 

コーチングスキルは、その人自身の人間力と合わさってこそ発揮されるもの。

 

一言で言ってしまえば、

「コーチングなんて使えない」と言っている人はスキル以前に人間力が低すぎる

んです。

 

おすすめはセルフコーチング

けして、自分のコーチングスキルが高いとは思いません。

また、私は人間力が高くコーチングスキルも高いコーチについてもらって、とてもラッキーでした。

 

実は、そのコーチの後にも別の人にコーチをお願いしたのですが、あまりにもスキルが低く・・・

いや、スキル以前に人間力が低く、途中でお断りしました。

 

その時に、

自分でもコーチングを学んだのだから、セルフコーチングしてみよう

と思い、今も継続して実践しています。

 

 

他人にコーチを頼むと、そこそこ高い料金を払ったのに残念な人に当たることがあります。

 

でも、セルフコーチングならその心配はありません。

コスパ的にも最強ですね!

 



 

幸せになるたった一つのポイントとコツ

セルフコーチングは人生を好転させます。

自分で自分の好きな時間に好きなテーマでできますし、何より変なコーチに当たることがなく、料金もかかりません。

 

 

でも、

コーチングスキルなんて持ってないし、身につけるのも大変だし時間もお金がかかるでしょう・・・

 

と思うかもしれません。

 

でも大丈夫!

 

セルフコーチングではたった一つのポイントを意識し実践するだけでOKです!

そのポイントとコツをお伝えしますね!

 

セルフコーチングのコツとポイント

セルフコーチングで意識すべきことはたった一つ。

 

それは、

できるだけ抽象的な視点から物事を俯瞰すること

 

です。

 

一言で言えば「抽象度を上げる」ということですが、あとで簡単にできるその上げ方をお伝えします。

 

抽象度の高い視点を持つ

抽象度とは、「物事をどれくらい高い視点で見るか」のことですが、これが人生で幸福度を上げていくためにはとても大切なこと。

 

仕事なんかでは「なぜ、なぜ、なぜ・・・」といった感じでより具体的に真因に迫って突き詰めていくことが重視されがちですが、人生の幸福度を上げるためには、その逆 が必要です。

 

視点の高さを上げていくことによって、見る世界が広がり、認知できる情報量が増え、囚われから解放され、自由度が上がっていきます

 

「抽象度が高い」 ということをもう少しわかりやすくいうとすれば、木を見て森を見ず の状態ではなく、全体を俯瞰して見る視点。

 

 

サッカーで言えば、ドリブルをしていて目の前の相手ディフェンダーに注意を払いつつ、ボールを出すべき味方とそれを阻止しようとする敵の動きが見える状態。

 

試合全体を空撮しているような状態のことです。

 

 

こういう「俯瞰した視点」を持つことができるようになると、悩みや不安に対してもそれに囚われず客観的にどうすればいいのかに気づくことができるようになります。

 

 

自分の人生、不幸だ・・・ と思ったり何か悩み事を抱えている時って、目の前のことに囚われすぎていたり、過去や未来を見すぎて勝手に亡霊を作り出して恐れていることが多いんです。

 

客観視し俯瞰した目を持てると、そういった囚われや勝手に作り出した亡霊から心を解放することができるのです。

 

 

では、どうしたら抽象度の高い視点を持つことができるようになるのでしょう?

 

抽象度の上げ方

抽象度の高い視点を持つために継続して取り組むといいといいうことがあります。

 

それは、教養を身に付けること

 

もう少し具体的には、自分自身にとって「ちょっと難しいな」と思えるようなことを、答えがでなくてもいいから一定の時間、考え続けてみること。

 

例えば、

今、手に持っているスマホの歴史は?

どのような経緯で開発され、一般の人に広まっていったか、そして今後3年、5年、10年でどんな進化(または退化)をしていくのか? を考えてみること。

 

それだけです。

 

そうしたことを繰り返し長い期間かけてやっていくことで、確実に高い視点から物事をみることができるようになります。

 

もっと簡単な方法は、物事の歴史や成り立ち、文学の古典などの教養本を読むこと。

この場合も、「自分にはちょっと難しい」というくらいがちょうどよく、しかも内容を理解する必要はありません。

 

よくわからないことをよくわからないまま保持すること

なんだかモヤモヤすることをモヤモヤしたまま保持すること

 

それでも諦めたり投げ出したりせず継続して行ける人が、抽象度が高い視点を身に付けることができる人です。

 

 

 

多分一生ダメな人

セルフコーチングで人生の質や幸福度を上げていくことができるのですが、そのためには抽象度の高い視点を養い、持つことが重要です。

 

でも、こういう人は多分一生かかってもその視点を身に付けることができません。

 

それは、

抽象度の高い視点を持つことができない人の特徴

  • 「説明はいいから結論を教えて」「要するになに?」といった感じで答えだけを知りたがる人
  • 私には難しすぎるから・・・ 別に知らなくても生きていけるし・・・といった感じで考えることを放棄する人

 

抽象度が上がっている時は、モヤモヤします。

不快です。

 

でもそれは、体を鍛える際の筋肉痛のような感じで、抽象度が高い視点を身に付けるために必要なことです。

 

筋肉痛がいやだから・・・ といってトレーニングをやめてしまったら筋肉はつきませんが、モヤモヤした感じが不快だからと、答えのないことに思考を巡らせることをやめたり、難しいからと本を読むことをやめたりすると、セルフコーチングに必要な視点は一生身につきません。

 

それだけではなく、そういう「向き合うこと」を避ける人は常に安易に結果だけを求めるのでモラルが低く、すぐにお金になりそうなことに手を出して詐欺に合うなど、困ったことも起きがちです。

 

また、他人にもすぐに結果を求めるのでパワハラ的になりやすく、人の成長の機会を奪うようなことをしているにも関わらず、「あいつは使えない」などと分離意識を持ちやすくなります。

 

自分の人生の幸福度を上げたいなら、そういった短絡的な人とつながらないようにすることはとても重要なことですし、自分が短絡的な人にならないようにするのも、とても重要なことです。

 

 

難しいことをそのまま難しい状態で、受け入れること。

そもそも、人生に妥当な解はあっても正解なんてありません。

 

 

まとめ  自分自身を幸せの奴隷から解放しよう

人生100年時代などと言われます。

どのくらいまで生きるかはわかりませんが、死ぬ間際に「まぁまぁ幸せな人生だったな」と思って天に登りたいと思っています。

 

そのためには他人の価値観や思惑の奴隷であってはならないと思うんですね。

 

抽象度の高い視点を意識し、身に付けること。

 

他人基準の「もっと上の人生」を求めると、たちまち不幸になってしまいます。

セルフコーチングで自分自身の幸せを定義してみることで他人基準から脱却できて、人生の好転を感じます。

 

そのために、抽象度の高い視点を身に付けるように意識し、取り組んでみてください。

コーチングゲームカードでパーソナルセッション

悩みって迷いだと思います。   自分の軸が決まらないから迷って悩みになる。 そして心の中がモヤモヤと言葉にできない、なにか邪悪なエネルギーに支配される。   そうなると、モヤモヤし ...

続きを見る

-心理学, 人生観

Copyright© 成幸へのプロジェクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.