人生観

こだわるべきは年収より時給 自分なりの働き方改革を実践!

投稿日:2018年4月12日 更新日:

こだわるべきは月収・年収ではなく、時給だと思っています。

 

ボクは、

好きな時に
会いたい人に会いに行ける
観たい景色を観に行ける

そんなライフスタイルを目指しているので、こだわるべきは時給の最大化なんですね。

 

時給計算してみよう!

年収1000万を超える人やもっと多くの収入がある人も周りにいますが、その多くは、本当にリラックスして過ごせる休みが月2、3日しかなかったり、朝8時に出勤して家に帰ったらもう夜中という人もいます。

もちろん、そういう生活をしたくてしているならいいのですが、年収1200万(月収100万円)だとしても単純計算すると、

(月)100万 ÷ 27日 ÷ 14時間 = 2,645円 ⇦ 時給

 

 

もし年収1200万円あったとしてもこのような働き方をしているならば、時給は3000円に届かないわけですよね。

 

一般的な会社員の年収は450万前後と言われます。月収になおすと、375,000円です。

年間休日115日だとすると、年間の出勤日数は、365日ー115日で250日。

勤務日の労働時間が平均9時間だとすると

 

450万 ÷ 250日 ÷ 9 = 2,000円  ⇦ 時給

一般的なサラリーマンの時給は、2000円くらいということになります。

 

一度、自分の時給を計算してみるといいと思います。

 

なんのために仕事をして収入を得ているかを考えた時、年収額にこだわるよりも時給を最大化していくという視点が重要な気がしています。

時給を最大化するために

自分が望む人生を歩む。

その手助けをしてくれるのがお金です。

お金のために自由な時間がなかったり、お金を稼ぐためにストレスいっぱいの毎日を送るのであれば、それは人生の目的に対して本末転倒です。

 

過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。未来を変えるためには 今 自分が変わる必要がある。

という言葉がありますが、「そうはいっても・・・」などと言わずに、望む人生を送るために 今自分にできることはなんなのか?を考えてみる必要がありますよね?

 

もちろん、ボクと同じような会社員の人は、急に環境を変えることは難しいかもしれません。

でも、少しずつでも今から変えないと、何も変わらないことはわかると思います。

 

現状に不満を持つよりも、まずは時給の最大化のためにできることからやってみるといいと思います。

 

時給を上げるためには収入を増やすか、労働時間を減らすか、その両方に取り組むか です。

 

・自分がやらなくてもいい作業は、手が空いている人に頼んで残業を減らす

・会社内での価値・評価をあげて、収入を増やす

・投資や副業(複業)を活用する

 

などが考えられますよね。

 

まずは、時給を上げるためにできることは・・・? という質問を自分自身に投げかけ、すぐに簡単にできることから少しずつ取り組んでいきましょう!

 

 

-人生観

Copyright© 成幸へのプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.