fbpx

人生観

人材教育の観点から夢や目標実現のための成長を考える

投稿日:2017年8月29日 更新日:

普通は、経験を積んだり練習を重ねれば成長し、上手くなると思いますよね。

それは間違いではないのですが、成長について少し気をつけておいたほうがいいことがあります。

 

それは

  • 成長は自分がイメージするより遅れて実感するものだということ
  • 成長どころかどんどん下手になっていくことがあること

です。

 



 

進歩や成長はイメージより遅れて実感する

例えば、新入社員を受け入れ、off-JT、OJT含むあらゆる研修を実施後、見守りながらも独り立ちさせます。

 

4月に入社したとしたら、7月くらいからでしょうか。

それまで先輩に同行してサブ的立場で学び、慣れてくると先輩にサブについてもらって、アポ取りから客先への営業活動、受注、社内手続きや精算、それらに関わる書類処理までひとりでするようになります。

 

8,9月頃になると上司、先輩の立場として、

「どう? 独り立ちしてそろそろ2~3ヶ月、入社してもうすぐ半年だけど・・・」

なんて感じで、かわいい新人さんたちの様子を伺いますよね。

 

ボクは新入社員の全体研修を担当していたこともあったので、自分の部署以外の新人や、時には別会社の新入社員にもそのような面談をすることがありました。

 

すると必ず一定数、

「わたし、ぜんぜん成長していない気がして・・・ 自分が情けないです」
「みんなに比べて自分は成長が遅い気がします。。 置いていかれそうで不安です」

などという人が出てきます。

 

そんなときは成長曲線の話をしながら勇気付け、教わったことを正しく続けること、不安や疑問に思うことは抱え込まず、相談してみることを促します。

 

疑問や不安を「言葉にすることができる」だけで、その疑問や不安の半分は解消したようなものなのですが、「言葉にする」こと自体ができない場合も少なくありません。

 

そんな時も無理に話させようとせず、教わったことのなかで

  • やろうとしていること(心がけていることや努力していること)
  • できていること
  • 疑問に感じていること

などを、ゆっくりと考えてもらいます。

この時に、他人と比べないようにするのが一つのコツ。

 

そんな時間を通じて表情が明るくなったり笑顔がこぼれたり、目に精気が戻れば、またしばらくの間は大丈夫です。

 

<成長曲線イメージ>

思い描く成長(理想の成長)と現実の成長(実感できる成長)とのギャップで苦しむ人が多い

 

また、成長は常に右肩上がりで推移するものではなく、「蓄積期間」というものがあることも話しをすると、妙に安心した表情になる子も多くいました。

<成長の蓄積期間イメージ>

蓄積期間は成長を実感できないので、この期間にやめたりあきらめたりする子が多い

 

このように成長は右肩上がりに一直線にするものではないということを認識し、かつ成長スピードは人それぞれであることを認識していると、他人と比べすぎて落ち込んだり自分を卑下しなくてもいいことがわかります。

 

これはもちろん仕事に限らず、ピアノやギターなどの楽器でもスポーツにおいても同じことが言えます。

 

中には下手な方向に成長する人も

でも、もうひとつ厄介なことがあります。

それは、本人は努力しているつもり、言われたとおりにやっているつもりでも、教わったことを誤解していたり正しく腑に落としていなかったりして、実は間違ったやり方を一生懸命にやっている人。

 

営業職だと、間違ったアプローチやポイントがずれた商品説明を覚えてパターン化してしまい、それを自分は正しいと思っているけどまったくお客さんに伝わらず、結果として成約に結びつかないこと。

 

スポーツだと、走り方や泳ぎ方が非効率だけど気づけず間違ったフォームのまま努力を続け、成績が伸びないどころか最悪、怪我・故障をしてしまうパターン。

 

ピアノやギターなどの楽器やアートの分野においても、外してはいけないポイントを正しく理解しないまま努力を続けてしまい、いつまでも上達しないなどがあります。

こういう「下向きの成長」をしてしまう努力をしているために成長を実感できない人は意外と多くて、こうなると正しい理解をさせるための指摘の仕方やモチベーションの持って行き方がとても難しくなります。

 

「いや、正しくはこうだよ」「それは多分誤解か認識違いだよ」と教えてあげても、本人は「前はそんなこと教わっていなかった」と思ってしまったり、「今までの努力は無駄かよ・・・」とモチベーションを落としてしまったりしてしまうんですよね。。。

 

翻って自分はどうですか?

思い描く未来の自分自身に到達するためには、今よりも変化や成長が必要な場合があります。

継続して必要なことをやり続けることが重要ですが、自分は成長しないな~ と悩んだり、努力しているのにぜんぜん変わらないじゃん・・・ と思ったり。。

 

もしそんな感情を抱いてしまっているなら、今一度 考えてみてください。

  • 比較対象は他人か過去の自分か
  • 正しい方向の努力を継続できているか
    (その「正しい」は本当に正しいのか?もあわせて)

 

成長スピードは人それぞれ。

成長は一直線ではなく曲線。

 

イメージする成長と実際の成長にはギャップがあるもの。

正しい努力をしていたとしてもそれが開花するまでに蓄積期間があるので、一定の間は成長を実感できない。

 

  • 積み重ねていることは、本当に夢や目標に到達するために必要なことなのか。
  • 教えてもらったことは本当に忠実にこなしているか。
     (独自の見解や判断で曲解していないか)

 

一度立ち止まってしっかりと自分を見つめなおし、心に問いかける時間を確保してください。

 

そして、
努力や継続の量や時間を成長や成果が必ず上回るポイントがあることを信じて、継続していきましょう!

ダメだな・・俺って・・・ と思うとしてもまだまだブレイクスルーポイントを迎えていないだけ。

 

でも、時には「大丈夫かな・・・ 自分・・・」なんて不安になることも多々あります。

でも、自分のことを信じて!

コツコツと積み上げていくことは絶対に裏切らない!

 

あなたも是非自分で自分を信じて、ゆっくりと歩んでいきましょうね!

継続を軽視したりあきらめたり、行動を辞めたりしたときが変化や成長が止まるときです。

 

 


-人生観

Copyright© 旅人投資家のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.