fbpx

人生観

I LOVE ME 自分を心から好きと言えますか?

投稿日:

過去、自分のことが嫌いでした。

 

朝、顔を洗い鏡を見てため息が出ました。

どうして自分はダメなんだろう・・・
なぜうまくいかないんだろう・・・

 

なぜ? どうして?

 

そんな質問ばかり、自分に問いかけていた気がします。

 



 

自分を愛せるほどにしか、他人(ひと)を愛せない

コミュニケーション心理学を学んだ際、
講師の衛藤信之 先生に教わった言葉。

 

わたくしは自分のことが嫌いでしたから、
自分の嫌なところをたくさん知っていました。

 

だから、自分の嫌なところを他人に知られるのを
避ける為に、本心を隠していつも笑顔でニコニコ
するように心がけました。

 

また、いつの間にか「NO」を言わないことが
人に好かれるコツだと、思い込んでしまいました。

 

自分の嫌なところをたくさん知っているので、
いつも自分に視点が行き、自意識過剰に。

そして、他人からの評価や目線を気にして、
それを基準に行動するから、「八方美人」になってしまいます。

 

結果、「本当は、本心では、何を考えているのか、わからない」 と、
自分が自分自身のことをわからなくなっていきました。

 

そして、そんな自分だから
さらに輪をかけて自分自身のことが嫌いになりました。

 

 

自分のことが嫌いな人は、
自分のことを好きでいてくれる人と一緒に居たがります。

「自分が愛されたい」からです。

 

そして「自分が愛されたい人」は他人に対して

このように愛してほしい
このようにすることが愛情表現だ
愛しているなら、わかってくれるはず

などという思い込みや決め付け、期待値が高い傾向があります。

 

 

でも、人は感情に揺り動かされる生き物。
「自分を愛してくれた人」もちょっとした感情の動きで
自分が思う愛情表現とは違う言動を取ることがあります。

 

また、
自分の期待通りの愛情表現をしてくれないこともあります。

 

「他人は自分の期待を満たす為に存在するのではない」

ですから。

 

自分のことを愛せない人は、相手が自分の思い通りの愛をくれないと
感じたとき、攻撃的になったり過剰に自分の殻に閉じこもったり
してしまうんです。

 

そうすることで、
ごめん、悪かったと謝ってもらえたり
慰めてもらえたり ・・・

また愛をもらえるからです。

こうして、自分のことを愛せない人は
他人から愛をもらうことばかりを望み、そのような言動をします。

 

一方的に他人からの愛のエネルギーを望み、
奪いにいくんですね。

 

それがよくわかる例として、
自分を愛せない人は他人から褒められたい、認めらたいを
基準に行動しますから、よくボランティア活動にも参加します。

また、
頼んだら断らないので、いろんなことをよく手伝ってくれます。

 

一見、人間のできたとてもいい人ですが、
ある日突然 いろんな理由をつけて離れていきます。

継続的な寄り添いが必要なボランティアも、突然 参加を取りやめます。

 

自己犠牲を基にしているのでエネルギーが枯渇して「いい人」を
続けられなくなるので離れていくのですが、
優しい言葉をもらったり、引き止められることを期待し、
他人からのそれらの言葉や態度でエネルギーを補充します。

 

離れるという行動をすることで他人からエネルギーをもらう(奪う)んですね。
 

自分のことを愛せない人は、
自分が他人の愛というエネルギーを一方的に奪っているということに
気づけないので、とてもタチが悪いのです。

 

自分がそうだったから、今から思えばよくわかります。

 

 

I love you because You are you

自分のことを愛せる人は、エネルギーの自給自足ができます。
他人から愛のエネルギーをもらわなくても、自分で自分を愛で満たすことが
できるんです。

 

だから本当に他人に対して寛容になることができます。

他人から愛されている実感を得られなくても、不安に駆られたような行動する
ことはありません。

 

他人の気を引き、愛を感じたり承認を得たりする必要がありません。

 

自然と、
「あなたがあなたらしくいることが愛おしい」と思えるようになります。

それと同じく、
「自分が自分らしくいることを愛おしく、誇らしい」と思えるようになります。

 

自分のことを愛せるようになり、エネルギーの自給自足ができるようになると
自分にも他人にも、あなたらしいあなたが好き。
「 I love you because You are you 」 と、自然と思えるようになります。

 

 

やっぱり
自分を愛せるほどにしか、他人(ひと)を愛せない

自分自身を愛せる量と、他人に注げる愛情の量は同じ。

 

人は、
自分の持っているものしか、他人に与えることは出来ません。

 

自分が不幸なのに、
他人を幸せにすることなど出来ない。

 

自分のことを犠牲にして
他人のために尽くしたり役立とうとしても、それは無理です。

 

そして、
不幸は自己責任ということも忘れてはいけないと思います。

 

まずは自分自身が
どうしたら満足度の高い
幸せを感じる人生を送ることができるか 

はっきりさせる。

 

他人をどうにかしようとする前に、自分のグラスを満たす
必要があります。

 

自分の心のグラスを自分自身で満たすことが出来てから、
そこから溢れる分で他人の心のグラスへ注ぎ足す。

 

I love me.

正しい意味での自分中心を意識して自分と心行くまで
幸せについて考えてみるといいと思います。

「どうなれば 自分は幸せ と言えますか?」

<本心を探す旅をナビゲートします>
https://umikazekaoru.com/personal-session/

 

-人生観

Copyright© 旅人投資家のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.