幸せになるお金の使い方

アメリカ・コーネル大学の心理学教授 トーマス・ギロヴィッチ博士の
研究によると、モノを買うことよりも何かを経験することにお金を
使ったほうが、幸福感が強くしかも持続性があるとのこと。
 

世界中を旅したり、音楽や芸術を楽しんだり習ったり、
スポーツをしたり・・・

お金をモノに替えるよりも経験に替える方が人間力の形成に役立ち、
しかもその恩恵は大きく、長く持続するようです。

 

自分自身の経験からもモノを買ったことよりも、
オーストラリアでエアーズロックを観たとか
たまたま手に入ったチケットでラグビー オールブラックスの
ゲームを観たとか、それまで嫌いだったウニを小樽で食べて
一気に大好きになったとか・・・

 

経験や体験したことは一つ一つが心に刻み込まれていますし、
自分が持っていた既成概念をある意味ぶち壊してくれて、
人としての枠を広げることに繋がっていたと感じています。

以前、CMのコピーで使われましたが、まさに
「モノより思い出」 だと思います。

ずっと形として残るモノを所有することに比べて
経験や体験は、一瞬のことで見えるモノとして残らないので、
軽視しがち。

モノは手に入れてしまうと満足し、飽きが早い。

経験したことはずっと心に残っているし、そのことが考え方や生き方に
大きく影響を与えるんですよね。

 



 

幸福感の邪魔になるもの 

幸福感を薄めてしまうもの。

それは 慣れ
そして 飽き

関心がなくなると言ってもいいかもしれません。

欲しくて欲しくて仕方なかったモノも実際に手に入れると
その感動に慣れてしまい、やがて飽きて無関心になりがちです。

また、欲しいモノを手に入れたい欲求は焦燥感を起こしますが、
旅行やイベントなど 体験や経験への参加を待ち望むことは、
楽しみを生みます。

モノを買うことは一瞬の満足感を生みますが、
長く続く幸福感を生むのは、経験や体験にお金を使うこと。

モノに溢れた生活をしているのに幸福感が薄いと言われる
日本人。

もしかしたら足りないのは、
モノではなく経験や体験なのかもしれません。

 

【ひとり会議】
=====================================

もし自由に使える10万円があったら、
何をしたいですか?

=====================================
もしよかったらコメント欄に答えを書いてみてくださいね。

 

何か感じた事があれば是非、それらを言葉にしてみてください!

 

ノートを一冊作って書き留めておくのも有効です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/