布袋尊に会いに萬福寺に行ってきました

七福神のおひとり、布袋様に会いに、京都・宇治市の萬福寺に行ってきました。

布袋様は、あのでっぷりとしたお腹とサンタクロースのような袋を背負った満面の笑顔のお姿で、水墨画の画題としても好まれて描かれているようです。

 

萬福寺について

萬福寺(まんぷくじ)は、京都の宇治にある黄檗宗の大本山です。

宇治と行っても、最寄の駅はJR奈良線・京阪宇治線の黄檗(おうばく)です。

 

萬福寺概略
1654年、中国・福建省から渡来した隠元禅師が後水尾法皇や徳川第4代将軍家綱公の尊崇を得て、1661年に開宗された寺院で、日本三禅宗(臨済・曹洞・黄檗)の一つ、黄檗宗の大本山。

建造物は中国の明朝様式を取り入れた伽藍(がらん)配置です。創建当初の姿そのままを今日に伝える寺院は日本では他に例がなく、代表的な禅宗伽藍建築群として、主要建物23棟、回廊、額などが国の重要文化財に指定されています。(萬福寺のパンフレットより一部引用)(

 

ということで、結構すごいお寺です。

そして、そのとおり、なんとなく迫力がありかっこ良さを感じました。

 

ところで、

伽藍(がらん)とは
伽藍(がらん)とは、僧侶が集まり修行する清浄な場所の意味。後には寺院または寺院の主要建物群を意味するようになったそうです。

 

禅宗・黄檗宗について

禅宗は仏心宗とも言われ、現在では鎌倉時代に伝えられた曹洞宗と臨済宗、江戸時代に伝えられた黄檗宗が残っています。

禅宗の「禅」とは、心を集中する瞑想のこと。

 

禅宗の教えは、「教外別伝 不立文字」で拠り所とする経典はありません。

これを「以心伝心」といい、禅宗を仏心宗というのは仏様の教えを以心伝心によって伝えるからです。

 

それぞれの本山と特徴は、

  • 曹洞宗
    本山は永平寺(福井県)・總持寺(横浜市鶴見区)で、坐禅する姿そのものが悟りであるとして、壁に向かって坐禅を組みます。
  • 臨済宗
    本山は妙心寺(京都市)などで、禅問答によって自己にアプローチし、一つ一つ解決していくことで悟りを開こうとします。壁を背にして坐禅を組むのが特徴の一つ。
  • 黄檗宗
    本山は萬福寺(宇治市)で、念仏と坐禅で自分の中にある仏性に気付いた時が悟りという教え。念仏は4拍子を基本とする「音楽的な念仏」で、そのリズムに特徴があり聞けば念仏の印象がガラリとかわります。

です。

 

布袋尊(布袋様)がお寺にいる理由

ところで、七福神と言うくらいだから神さまであり布袋様も神様だと思っていましたが、唐末の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したとされる伝説的な仏僧だそう。

 

そもそも、

七福神とは
福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神。七柱は一般的には、恵比寿、大黒天、福禄寿、毘沙門天、布袋、寿老人、弁才天とされており、それぞれがヒンズー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っている。
そうで、布袋尊は弥陀菩薩の化身として信仰を集め、室町後期に七福神のうちの一つとして組み入れられたそうです。

 

だから、布袋尊は神ではなく僧侶だったためお寺におられて当然ということですね。

 

布袋尊(布袋様)から授かる真のご利益

布袋様から授かることができるご利益は、

  • 不老長寿
  • 無病息災
  • 開運全般
  • 良縁・子宝
  • 夫婦円満・家庭円満
  • 金運招福
  • 人格上昇

と言われます。

 

また、背負っておられる袋が「堪忍袋」と言われ、日々生きていく中でのありとあらゆる我慢を強いられる出来事を次々と堪忍袋にしまい込み、満面の笑顔でいることが招福のコツだとお教えいただいているような気がします。

 

笑顔は、病や老化を防ぎ、良縁にも恵まれ円満のコツ。

そのことで人格が上昇しそこに人が集まることで金運をもたらす。

 

そのように考えると、布袋様のお姿と授かるご利益とがリンクするように感じます。

 

布袋尊のお姿を拝見していると、

  • 大丈夫
  • 心配ないさ
  • なんとかなるよ

と言ってくださるようで、妙な安心感が生まれたり余裕を感じたりするんですよね。

 

そのように感じることそのものが布袋尊からいただける真のご利益とも言えますし、黄檗宗の本山である萬福寺におられる理由かとも思い、ある意味、「悟る」と言うことなのかなとも感じます。

 

萬福寺お散歩

萬福寺の全景図

拝観料五百円(大人一人)は、②の三門をくぐったところで納めます。

真夏の暑い日、雲で日差しが遮られる瞬間はありましたが多分40度近い気温。それでも総門をくぐり三門へと向かうにしたがって、心なしか涼やかに。

 

三門をくぐり少し進んだ左手に、開山堂があります。

開山堂から続く回廊

床に、なんとなくアートを感じました。絵みたいな色合いです。

 

続いて布袋尊のいらっしゃる天王殿へ

お近くで拝見すると迫力があります。 堪忍袋にはまだまだ余裕がありそうです。

何をそんなに深刻になっておる?

まぁ、なんとかなるわい! とでも言っていただいている気がします。

 

布袋尊の後ろには韋駄天さまが。

韋駄天(いだてん)さまは、仏教の仏(天部)の神。

増長天の八将の一神で、四天王下の三十二将中の首位を占める天部の仏神で特に伽藍を守る護法神とされ、中国の禅寺では四天王、布袋尊ととも山門や本堂前によく祀られています。

 

そして、大雄宝殿(本堂)へ。

大雄宝殿内には釈迦如来像と十八羅漢が安置されています。

 

萬福寺開山の隠元(いんげん)は、日本における「煎茶道の祖」ともいわれ、普茶料理、隠元豆、西瓜、蓮根、孟宗竹(タケノコ)・木魚なども隠元が日本にもらたしたもの。

木魚も隠元がもたらしたということで、木魚の原型とされる魚板。

現在も時間を知らせるものとして使われているそうです。

 

御朱印は全部で5種類あり、今回は布袋尊の御朱印をいただきました。

 

また、もう少し涼しい季節になったころ、七福神めぐりに行きたいと思います。

 

宇治に来たらやっぱりこれ

布袋尊が祀られる萬福寺は京都府宇治市。

宇治と言えばやっぱりお茶です。

 

暑い季節は特に冷たいおぜんざいやかき氷が食べたくなります。

 

黄檗から京阪なら二駅、JRなら一駅で宇治へ。

宇治橋の袂 平安時代創業の通圓(つうえん)さんでほっこりしてきました。

 

ボクは、抹茶はあまり得意ではなくて、抹茶味のお菓子(ラングドシャやチョコレート)は好きではありません。

でも、通圓さんをはじめ、お茶やさんのお抹茶は美味しくいただけます。

苦味と甘味が口の中で奏でる絶妙の旨味。 ずっと食べていたい・・・

宇治橋の橋桁にあたる宇治川の流れが不規則で面白く、それを見ながらリラックス。

ただ、すこし冷房が効きすぎているのか、汗をかいたからか寒くなりました。

 

宇治には何度か来ていますが、萬福寺を拝観したのは初めてで、そのこともあって暑い中でしたが楽しい散策となりました。

 

平等院には今回は立ち寄りませんでしたが、何度でも来たい宇治。

美味しいお茶っぱを買いがてら、そして七福神巡りの途中で寄って見たいと思っています。

 

また、宇治川の鵜飼も2000円で乗れるので、ぜひ乗って見たいと思います。

 

宇治、いいところです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/