お店の作り方 〜オープンまでの流れ〜

独立起業家の8割が5年も生き残れないと言われる厳しい世の中で、成功率9割を誇るFCビジネス。

成功ノウハウをギュッと詰め込んだ焼き立てメロンパン専門店「メロンデメロン」は、

  1. 出店コストが比較的安い
  2. 初期投資回収が早い
  3. 集客力が抜群

などの理由で人気です。

 

そして、

  • オペレーションがシンプルで覚えやすい
  • 少人数、慣れれば一人で営業可能
  • 廃棄ロスが少なく利益率が良い

ことから、「複業のひとつ」として出店を検討される方も。

 

給与収入→生活費、事業収入→投資へ の流れで、生活基盤の安定化と将来への資産形成ができるので、複業のひとつとして事業を始めることは、おすすめです。

[voice icon="https://umikazekaoru.com/wp-content/uploads/2019/05/man.png" name="出店オーナー" type="l big"]

 

「複業」とは、複数の収入源を持つこと。これからの世の中、一つの収入に依存するのはあまりよくないかもしれませんね。ボクは複数店舗運営しているし、中には「会社員をやりながら」という方もおられますよ!

[/voice]

 

実際、お店はどうやって作っていくの?

FCの加盟・出店について概要的なことはなんとなくわかりますが、実際の出店・営業開始までの流れってイメージしにくいのでは・・・? と思います。

 

特に、一般の会社員の方にはイメージしにくいし、かといって、イメージを持てないまま一歩踏み出すのも、なかなか困難です。

 

というわけで、契約や状況によってケースバイケースのことも多いので詳細にはお伝えしにくいですが、イメージを持っていただけるようにさらっとご紹介させていただきます。

 

店舗オープンまでの流れ

[voice icon="https://umikazekaoru.com/wp-content/uploads/2019/05/b-man.png" name="本部の人" type="l"]出店することを決めてからだいたい2ヶ月くらいでオープンできますよ![/voice]

 

1:希望エリアで物件を探す

2:物件を決定・契約する(不動産の契約)

3:フランチャイズの加盟店契約

4:既存のお店で研修

5:店舗引き渡し

6:営業開始!

 

[voice icon="https://umikazekaoru.com/wp-content/uploads/2019/05/woman.png" name="出店検討のOLさん" type="l"]うーん。。。 もう少し詳しく・・・[/voice]

 

1:希望エリアで物件を探す

全国の希望エリアで物件を探します。

必ずしも自分が住んでいるところで出店しなければならないことはないので、希望を伝えつつ本部の担当者とよく相談しながら出店する場所を決めましょう。

 

自分が出店したい場所で! というのも大切ですが、「繁盛するお店を作る」ためにも本部の担当者にアドバイスをもらうといいですね!

 

物件選びのポイントをいくつか・・・

  • 主要な道路、生活道路沿い
  • 道路に面した1F
  • 広さは10坪程度
  • 家賃は10〜15万以内が目標
  • ガス・電気・水道が通っている
  • 配電・排水管などが通っている
  • 人が集まるエリア

 

[voice icon="https://umikazekaoru.com/wp-content/uploads/2019/05/b-man.png" name="本部の人" type="l icon_black/icon_blue/icon_yellow/icon_red"]候補の物件に基づいて、商圏調査や売上予測を本部が行います。都会と田舎では基準も違うので、しっかり打ち合わせしながらオーナーさんに寄り添ってアドバイスします![/voice]

 

2:物件を決定する

商圏調査・売上予測などを行い、本部のOKが出れば不動産契約を結びます。

物件の持ち主(家主)に提出する必要な書類は本部が用意してくれるので、心配はいりません。

[voice icon="https://umikazekaoru.com/wp-content/uploads/2019/05/man.png" name="出店オーナー" type="l"]

本部と一緒にお店づくりをしていくので、起業や事業の経験がなくても大丈夫ですよ!

[/voice]

 

3:フランチャイズ加盟店契約

物件の賃貸借契約を締結したら、いよいよフランチャイズ加盟店契約を取り交わします。

物件とFC契約を紐づけるので、物件が決まらないとFC契約を行いません。

 

その後、メロンデメロン専属のデザイナーと工務店による現地視察が行われ、デザインや工事見積もり、工期などを擦り合わせて行きます。

 

物件によって必要な工事が異なります。

できること・できないことが異なるので調整します。

[voice icon="https://umikazekaoru.com/wp-content/uploads/2019/05/b-man.png" name="本部の人" type="l"]取得した物件の状態によって工事の内容は大きく異なります。それによって費用も変わるので、しっかりと打ち合わせしながら進めていきましょう!工事期間は、目安としてだいたい3週間〜1ヶ月程度はみておくといいですね。。[/voice]

 

4:既存店にて研修

店舗が工事中の間に、既存店にて研修を行います。

[voice icon="https://umikazekaoru.com/wp-content/uploads/2019/05/man.png" name="出店オーナー" type="l"]オーナーが自らお店に入らない場合は、前もってリーダーとなるスタッフを雇っておく必要があるよ! 研修できる既存店が近くにない場合は、そこまでの通勤や場合によっては宿泊なども考えてあげる必要があるね![/voice]

 

この既存店での研修の間に、お店で働いてもらうオープニングスタッフ(アルバイト)の採用を進めておきます。

何名くらい採用すべきかなどはシフトの組み方などから算出しますが、これも既存店の事例を参考にしたり本部に相談してアドバイスを受けます。

 

〜スタッフ(アルバイト)採用について〜

オーナーさん自ら研修を受けながら、または仕事をしながらアルバイトの採用をしていくって、なかなか大変です。

応募受付、応募者との連絡や書類の管理、面接、採用、雇用契約・・・

慣れていればなんてことないのですが、経験がないとあれもこれもとてんてこまいに。

 

だから、本部の人にもノウハウを伝授してもらったり助けてもらったり、「誰かにお願い」することがとても大切です。

 

5:店舗引き渡し

デザインや図面の通りに仕上がったことを確認し、店舗の引渡しが行われます。

 

管轄の保健所に営業許可を承認、オープン日が確定します。

それに伴いグランドオープンのチラシ配布やポスティング、新聞折込等で告知活動を行います。

チラシやポスターなどの販促物は本部へオーダーし、店舗へお届けします。

 

6:営業開始

メロンデメロンは営業開始から約2ヶ月間、「オープン景気」が強く出ます。

あるお店では初月1800万円を記録、1000万円超えのお店続出で、早い店舗では2ヶ月以内に初期投資を回収しています。

 

全国平均でも約6ヶ月以内に初期投資を回収しているメロンデメロンは、他店・他業態に比べて初期投資回収の早さが特徴です。

 

開業資金の早期回収は、事業の失敗を防ぐ重要なポイントですね。

 

[btn class="rich_yellow"]〜焼き立てメロンパンFC メロンデメロン 事業の魅力〜[/btn]

 

出店についてお問い合わせはこちらから。

本部の担当者にお繋ぎいたします。

[btn class="lightning big"]お問い合わせはこちらから[/btn]
(件名:「メロンパンFCの件」などとしていただけるとよりスムーズです)

 

投稿日:2019年5月21日 更新日:

Copyright© 成幸へのプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.