心理学 Mindset

目標が達成できない理由 もっと稼ぎたい もっと広めたいと言いながらできない人が思っていること

1月とか4月とか・・・

 

目標を立てたり新しいことを始めたりするにはいい時期ですよね!

 

 

でも、

今年こそは・・・ 今回こそは・・・ と決意したのに 1ヶ月後には半数が、3ヶ月後にはさらにその半数が、決意したことを継続できずにやめてしまいます。

 

 

なんで 僕は、私は、だめなんだろう・・・

 

もしかしたら、そんな風に自己嫌悪を感じてモチベーションや自己肯定感を下げてしまっている人が多いのでは・・・? と思います。

 

 

そういう人が心の奥底で必ず持っている心理があるのですが、まずはそれを持っている自分を知って認めてあげてほしいなと思います。

 

 

本当はやりたくない自分がいる

まず認識しておきたいのは、続かない自分も誘惑に負けてしまう自分も「悪いわけではない」と言うことです。

 

また、弱くてダメな人間でもありません。

 

 

ただ、自分の本心に気付けていなかったり、なんらかの理由で本心を隠して演じる癖がついてしまっているということです。

 

 

何かをやりたい、成し遂げたいと思っている裏で、本当はやりたくない、変わりたくない自分がいるということを認めることが大切です。

 

 

なりたい自分になった時が不安

例えば、

自分がやっているビジネスをもっと広めたい、出世して組織の上に立ちたい。

 

そのためにもっとスキルを上げなきゃいけないので習いごとや学びごとをはじめたが続かない・・・

 

 

そんな時に隠れている心理は、

 

  • ビジネスが広がった時、多くの人からのご要望やお問い合わせにちゃんと対応できるかな?
  • 自分が組織の上に立った時、みんなついてきてくれるかな?
  • 自分がなりたいこと、やりたいことって、本当にかち合うことなのかな?

 

といった 不安です。

 

 

また、

  •  ビジネスが忙しくなったら、ゆっくりする時間が取れなくなってしまうのでは・・・?
  • 組織の上に立ったら、面倒な責任を押し付けられるかも・・・
  • 今まで仲良かった人たちは、変わった自分と変わらず付き合ってくれるかな?

 

といった、

成りたいけどそうなった時についてくる副作用に、恐怖や不安、面倒くささなど感じています。

 

 

こうした感情は確実に潜在意識に働きかけ、影響を与えます。

 

 

大丈夫! 安心して変化してください

こうなりたい! こんなことをしたい! と思いつつ、その裏で自分の心理に なりたくない ・・・ したくない・・・ と思っている・・・

 

 

こうした矛盾した心理を抱えていると、なぜだか わかりませんが、うまくいきかけた時にかぎってそれを邪魔する出来事が起こります。

 

深層心理で抱えていることは、頭で理論的に考えていることより強力に自分や周りに影響を与え、変えていきます。

 

 

足りないのは覚悟

せっかく決意したことが続かない・・・

 

そこに足りないのは、根性や継続する仕組みではなく、覚悟です。

 

 

覚悟というとなんだか重々しい感じがしますが、

 

  • 自分はもう十分、成長している
  • 自分はすでに、能力を備え持っている

 

といった「根拠のない自信」を持つことが大切です。

 

 

目標を達成するには行動が必要です。

 

行動ができない、続かない原因の一つに、無意識に抱えている感情があります。

 

そのネガティブな感情は、自分を癒し、根拠のない自信を持つことである程度 克服できるんですね。

 

 

けして 行動できない、続かない自分を責めたりして自己嫌悪に陥ったりしないでくださいね。

 

-心理学, Mindset

© 2021 成幸へのプロジェクト