投資 / お金 Mindset

それ逆です! 学びから実践よりも大切なこと




学び → 実践より大切なこと

日本人は投資下手だと言われます。

 

その理由に、お金について学ぶ機会が少ないことが挙げられています。

 

実際、わたしも親からは

  • お金はできるだけ使ってはいけません
  • 使わないで貯金しなさい

と言われて育ちましたし、お金の話をすることはいけないことだと(自分の勝手な思い込みや解釈も含めて)して育ってきました。

 

 

国民性として投資より貯金

多くの日本人の中に、「投資で得るお金は不労所得である」という感覚があると思います。

 

そして、「働くもの食うべからず」を曲解した謎の理論で、不労所得=投資は悪 のような考え方を、特に年配者は持っているように感じます。

 

よく引き合いに出されるデータとして、欧米諸国と日本の投資参加率や資産の現預金比率があります。

 

例えば・・・

家計における金融資産構成の現預金比率

  • 日本:53.3%
  • 米国:12.9%
  • ユーロ圏:34.0%

 

株式比率

  • 日本:10.0%
  • 米国:34.3%
  • ユーロ圏:18.8%

 

投資信託比率は

  • 日本:3.9%
  • 米国:12.0%
  • ユーロ圏:8.8%

 

(出典:日本銀行「資金循環の日米欧比較」)

 

上記はおよそ1年前の2019年3月の数字ですが、やはり日本人は資産を現金(現預金)で保有し、株式や投資信託の比率はアメリカの
3〜4分の1程度ということです。(なお、最新のデータは6月中に公表される予定です)

 

アメリカでは古くから投資教育されていた

よく誤解されているのは、

 

アメリカでは子供の頃からお金や投資について教育が施されている。

だから、投資比率が高い。

 

というもの。

 

でも、日経ヴェリタス紙の澤上篤人氏の連載を読んで要約してみると、意外にも投資の実践や学びが一般的に広まったのは、1980年ごろと言われています。

 

約40年ほど前とはいえ、それほど「古くから・・」というものではないなと感じます。

 

 

そのころは米国でも、個人の金融資産比率において株や投資信託の保有率は1%程度だったのとこと。

 

それが、10年ほどの間に一気に広まりを見せたとのことです。



 

アメリカで投資機運が高まったきっかけ

アメリカで、1980年ごろからおよそ10年ほどで、株式や投資信託の保有率が飛躍的に上昇したきっかけには、いろいろな説があるようです。

その中でももっとも影響があったと言われるのが、年金制度の普及。

 

それにより、投資・運用への興味や関心、機運が高まったためと言われています。

 

さらに、ちょうど株価上昇とも相まって、株式・投資信託保有率が高まり、その勢いに合わせて投資教育が普及していったそう。

 

 

ここで気づくべきは、

教育 → 実践・普及ではなく、実践・普及 → 教育 という流れである

こと。

 

教育を受ける機会が少ないから日本で投資が普及しないというのは、もしかしたら正しいとは言えないのかもしれませんね。

 

学んでから実践よりは、実践しながら学ぶ感覚。そのために踏み出す1歩は、小さなもので良い

 

若い世代ほど熱心に学ぶ

昨年(2019年)、「年金だけでは2000万円足りない」問題が話題になりました。

 

そのためもあってか、将来の年金の行末やあり方に疑問をもって、若い世代(20代・30代)の方々がよく学ばれていているなぁ!という印象を受けます。

 

若い世代は年金を受給する年齢に達するまでにまだまだ時間があることもあって、しっかりと時間をかけて安全度の高い運用、資産形成ができるインデックス投資や海外の保険を活用されています。

 

きっかけは、年金。

 

日本も40年前のアメリカと同じように、これをきっかけに投資教育が普及し、何年か後の調査では、株式や投資信託の保有率が驚くほど上昇しているかもしれません。

 

年齢や目的による最適な投資法

年金不安から「自分年金を作る」というなら、インデックス投資や海外の保険を活用するといった方法がよいでしょう。

 

思わず後悔!香港で念願の保険契約して来ました

先日、香港へ行って来たのですが、その目的は新しく保険に加入することでした。   最近では海外に行くたびに、いろんなものが「高い」と感じます。   今まで1000円でできたことが、だ ...

続きを見る

 

でも、もうすでに50代で老後の資金が・・・ というならば、インデックス投資で20年も30年もかけている場合ではないのかもしれません。

ちょっとリスクをとってみる必要がありそうですね。

 

また、比較的短期でお金がほしいというならば、しっかり学んで個別銘柄株でこまめにトレードをするとか、あるいは、不動産投資で自分にレバレッジをかけるのも考えないといけません。

 

情報を得て知識をつけることは大切ですが、何よりも実践していくことが大切です。

勉強・情報収集・検討することはとても大切なことですが、ぜひ将来にむけた1歩を踏み出していただきたいなと思います。

 

おすすめ!

オフショア保険や投資と香港に関連する記事

オフショア(香港)の保険や投資に関する情報の一部はメンバー限定で発信しています。

メンバーご登録の方法は こちらをご参照 ください。

 



 

-投資 / お金, Mindset

Copyright© 成幸へのプロジェクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.