今でも時々、シワが障害になる
でも、立ち直る方法も知っています

隠し事

人生をファーストクラスな旅にするためには、実はお金の量よりも心のあり方や、物事・出来事の捉え方のほうが重要です。

人生に起こるほとんどの出来事は、自分の心のあり方や捉え方で、大きく意味合いが変わります。

出来事自体に意味はないけど、その出来事にどういった意味づけをするかで人生は大きく変わるような気がしています。その意味づけの基となるのが自分自身の心のあり方なんですね。

 

いじめられると、もどらないシワができる

わたくし、小6の時にいじめられました。
靴や体操服、上着、かばんを隠されたり、机の中にカビの生えたパンを入れられたり、朝、靴箱を開けて上履きに履き替えようとすると、上履きが濡れていたり。

直接的な暴力は少ししかなかったですが、仲良くしていた友達にもある日突然無視されたり、
身体的よりも精神的なダメージは大きかったです。

 

以前、デーブ・スペクターさんが言っていたこと

一枚のノートを取り出して、破いて丸めて床に落として踏んづけてみて。
そして、その紙を拾って優しく開いてシワを伸ばしてみて。
「どの紙も元に戻れないでしょう。人をいじめた後はどんなに優しくしてあげても元に戻らない。」
     (正確な文言ではないかもしれませんが、そのようなことをおっしゃってました)

いじめるということは、その人の心を破いて丸めて床に落として踏んづけること。
いじめられた側はいじめられ期を乗り越えても、ずっと将来に渡って心にシワがのこります。
 

そのシワは、ある人にとっては何かを成し遂げようとする心のパワーの源にもなり得ます。
いじめたやつらを見返すために勉強をがんばっていい大学に入るとか、ビジネスで成功を目指し、成し遂げる とか。 (心理学的には 昇華 といいます)

また、心のシワが邪魔をして何事にも臆病になって積極的に取り組めなくなり、ひきこもってしまう・・・
そこまででなくても、何か一歩を踏み出そうというときに、周りの意見や考えに過剰に反応してしまい、自分自身がわからなくなる ということがあります。

また、人によっては大人になってもずっと、積極的に「死にたい」とまでは思わなくても、「消えてしまっても、別にいいかな~」くらいの感覚が心に残ってしまうこともあります。

物事・出来事への意味づけの基が、そのときのシワ

わたくしの場合、何かをスタートするとき、とても大きな心の葛藤が生まれます。
周りの目が気になるんですね・・・
何か言われたり、邪魔されたりするんじゃないかと・・・

と同時に、いじめられていたときに周りの誰もが見てみぬふりをしていましたから、どうせ他人は自分のことなんて見てないよね という気持ちもあります。

ただ、その気持ちは良い方向に「他人は無関心」であるから大丈夫!  というものではなく、何しても軽く見られて、相手にされない・・・ といった、孤独感に近い感じでした。

 

そんな感じだから何かスタートするときは誰にも言わずにそっとスタートするし(それゆえ、自分勝手と言われる)、だから協力者を見つけるのにも一苦労で、ある程度うまくいく確信ができてから、打ち明ける・・・ って感じでした。

 

ただ、仕事上必要になってカウンセリングの学びを始めたとき、その先生の話を聴いて何度も「はっ」とすることや、「だからなんとなく生き難いし、本心から打ち解けたり自分から心開いたりということが苦手なんだ・・」ということが解り、先生の「もうそろそろ自分自身を許してあげれば・・・」という言葉に、ずいぶんと気が楽になった記憶があります。

 

いじめられた経験から何かにつけて人を警戒するから相手も自分を警戒し、本心を見せないから相手も本心で話さない。

出来事に対して被害妄想のような、悪い方向に行くことを前提に考えてしまうので、その対策を取るために考える事柄や時間が多くなり、精神的にも疲れてしまう。

 

そして、表面上は穏やかで優しい表情や対応をしていても、どこか潜在的に怒り、恐れや嫉妬心を携えながら人や世の中を見、物事や出来事を意味づけする無意識の癖に気付かされ、そのことが自分自身を生きづらくしているのだということが、自分自身で認識できました。

 

その先生が教えてくださった言葉、

自分を愛する程度にしか、他人を愛することができない

 

どこか他人との間に壁を作ってしまい、他人を信じたりできない。
誰かの成功を心から喜び祝福することができないのは、過去 いじめられた時にできてしまった心のシワのせいなんだな・・・ ということも、わかりました。

 

3人の存在が、わたくしを変えました

その3人とは・・・

プロフィールにも書いたのですが、仲間・ライバル・コーチ です!

わたくし を理解し、応援してくれた仲間
「あの人みたいになりたい!」と思わせてくれるライバル

そして、
わたくし の話を聴き、その上で方向性を示し、一歩を踏み出す勇気をくれたり背中を押してくれたコーチ

この3人は、実は一人の方。一人3役をやってくれました。

 

そして、わたくしも その方に習って カウンセリングやコーチングの学びを深めました。

そのことでまず、他人に何かを提供できるというよりも、出来事に対して湧き上がってくる感情、心のメカニズムを理解することで「感情的を処理」できるようになりました。

 

その後、自然と自分では気づかないうちに
「さんと話すと、なんだか心が落ち着く」とか、「こんなに自由に話せたのは、初めてかもしれない」などと言ってくださる方が増え、ますます、本当に穏やかな日々を送れるようになりました。

と同時に不思議なことに、収入は変わらないのにお金が減る量もスピードも、変わっていきました。心が安定すると支出が減るんです。

 

心のシワ 伸ばします!

始めの方に書いた、デーブ・スペクターさんが言っていたこと。

一枚のノートを取り出して、破いて丸めて床に落として踏んづけてみて。
そして、その紙を拾って優しく開いてシワを伸ばしてみて。
「どの紙も元に戻れないでしょう。人をいじめた後はどんなに優しくしてあげても元に戻らない。」

紙についたシワ同様、心についたシワは、もう元どおり綺麗に伸ばすことはできません。

でも、シワにフォーカスするのではなくその間のわずかな綺麗な部分にフォーカスする心の技術は、学ぶことができます。

また、完全にシワを無くしてしまうことはできなくても、さらに伸ばして目立たなくすることはできます。

 

まずは、自分が何を望んでいるのかを知るワーク
12回のメルマガ方式となっていますので、初めはちょっと大変ですが、ぜひ取り組んでみてください。

その後、もしよかったら、実際にお会いしていろんなお話ができたらいいなと思います。

頭の中を明らかにする ブレインダンプ。
12回のメルマガです。ご登録はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/