何かを守るために捨てるもの

重要な何かを守るために

このLUCE(ルーチェ)というワイン。

伝統あるイタリアのワイン法を無視したいわば、アウトローなワイン。

 

歴史ある、厳格なワイン法の縛りの中で最高の格付けを得られる実力を持ちながら、
『美味いワインを造る!』ためにあえて法の枠組みからはみ出す。

 

その結果、法による格付けなしに格付けワインを上回る品質と味わいを実証し、評価を手にしたこのLUCE(ルーチェ)。



 

想いを守り実現するために、ルールを捨てる

ルーチェの作り手が重視したのは、枠組みよりも自らのポリシー。

 

『美味いワインを造る!』という自らのポリシーを貫くために、あえて枠組みを超えたり壊したり手放したり。

 

実生活の中で自分の「こうしたい!」のために法の枠組みからはみ出したら『アウト』になることもありますが、自分自身が過去培ってきた枠組みやしがらみを超えたり壊したり手放したりは、できそうです。

 

自分の「こうしたい!」

 

その実現を邪魔している枠組みはなんですか?

 

そんなことをちょっと意識しながら過ごしてみると
自分自身を制限している、思わぬ勝手な思い込みに気づくかもしれません^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/