選ぶ上で、条件なんかよりもっと重要なこと

今の会社に就職する時、何を重視しましたか?

 

2016年の調査ですが、
就活生が就職先を選ぶ際に重視することは
1位「業務内容」(65.0%)
2位「勤務時間・所在地」(51.5%)
3位「会社の雰囲気」(50.0%)

以降、
「給与・昇給・昇格」(49.0%)、「福利厚生」(44.5%)だったそうです。

 

(2017年3月卒業見込み予定の内定者200名(うち男性110名、女性90名)を
対象にしたインターネットリサーチの結果 :マイナビニュースより)

 

 

続いて、ちょっと古いデータで恐縮ですが2013年に
転職をした1200人に聞いた「転職先を選んだ理由」は
1位「前職より給料が上がった」(15.2%)
2位「経験・スキルが生かせる仕事だと感じた」(11.3%)
3位「希望の仕事だったから」(10.8%)

以降、
「希望の勤務地だった」(8.8%)「希望の業界だった」(7.0%)
となっています。

(サイト:マイナビ転職 より)

 

実際、わたくしの周りにも会社選びの基準は

・実家から近い、希望の勤務地
・給料がいい、前職より上がる
・今までの経験が活かせる、安定してそう(将来性がありそう)

という人が多いです。

 



 

スキルアップと条件を追いかけていました

わたくしもいままで何社か転職してきましたし、
会社に属することを辞め、フリーランスとして一時期活動して
いたこともあります。

 

転職の条件として求めたのは、

・給料がいい
・成長できそう(スキルアップできそう)
・仕事が自分に合っていそう

ということでした。

 

あと、
できるだけ自分のプロフィール(経歴)に箔がつく会社であれば
いいなという気持ちもありました。

 

でも、
会社員を辞めてフリーランスで活動し、そしてまた会社員へと
戻って痛烈に感じたことがありました。

 

それは、
組織の人や仕事をする仲間が同じ方向の目的を持ち、
それを実現しようとしているか」
が、自分にとって非常に重要だということです。

なぜそう感じるようになったかを考えてみると
人生において「時間」という資源が一番重要 なのではないか
思うようになったからです。

 

それはきっと、フリーランスになった時に特に感じた

志向に共通項があると物事が非常にスムーズに進む。
だから変な力学を調整する無駄な時間がかからない。

これって、すごい楽じゃん! という思いからです。

 

 

安定しているからこそ時間に無頓着なのでは?

会社員は毎月給料日になるとお金を定期的にもらえることもあって、
早く時間がすぎないかな、定時がこないかな、という感覚で時計を見ていました。

ある程度、どんな時の過ごし方をしてもお金はもらえます。

評価制度はあるにせよ日本の正社員ですと、明日から自分の居場所が無くなったり、
来月から突然給与が振り込まれなくなることは、まぁありません。

しかし、フリーランスは違います。

否が応でも自分の時給という感覚を意識せざるを得ず、その金額を下回る
仕事は断る、もしくは外注するという選択や割り切りも学びました。

そうして、
自分の貴重な時間を使って仕事をする時に最も大事なことに気付きました。

 

過去、月間400時間近い勤務をしたことがありますが、
その当時はどうしようもなかった時間のやりくりや仕事の分担を、
フリーランスを経験して改めて振り返ってみると、
あんなことに時間かけなくてもよかったな〜 とか、
もっと誰かに頼んだり、任せたりすればよかった〜 などと
思うことは、本当にたくさんあります。

 

と同時に、

組織の人や仕事をする仲間が同じ方向の目的を持っていたかな?
持っていたとして、それを本当に実現しようとしていたかな?

それがないから無駄な調整や足の引っ張り合いが多々あったのかな
と思うようになりました。

 

 

仲間と同じ目的を共有しているかどうか

正直なところ、今 会社員の方でどれほどの人が、
同じ理念や目的を共有できる仲間と仕事ができているか
疑問に感じますが、皆さんの職場はいかがですか?

 

本当は
お客さんのためにもっとこうした方がいいという思いがあるけれど、
協力的じゃない、杓子定規の人が多いしな・・・

そういう人を説得したり軋轢を産んだりしてまでやるのも
面倒だな・・・ (どうせ給料変わんないし・・・)

 

と思っている人も、実は多いのかもしれません。

 

退職した元同僚と話していた時、
本当はもっと効率的な方法とか、忙しい中出してもらったリポートが
活かされないどころか、読まれてさえいない・・ なんてことは
たくさんあった。
でもそれをいうと、めんどくさいことになりそうだな・・・
と思って黙っていた・・・

と言ってましたが、そういうことって多いのでは・・・? と
思います。

 

わたくしはフリーランスを経験したからこそ、

同じ理念を共有できる仲間や組織と幸運にも出会うことが出来たら
その中で自分が果たす仕事は何でも良い

と思えるようになったんですね。

 

別の言い方をすると、
型にはまらず、自分が提供できる価値はどんどん発揮していこうと
自主的に考えることができました。

 

自分の担当外のことでも、
困っていそうだと思ったら何かできることはないかと思いを巡らせる
ことができるんですね。

 

また、会社員の人がよくいう、
「それ、おれの仕事じゃない・・・」

って言葉に強烈な違和を感じるようになりました。

 

とはいえ、自分の時間を何に使うのか

会社という組織・・・

わたくし個人の思いとしては、もうすでに「限界」にきている
ような気がします。

 

日本全体が右肩上がりに成長し、ある程度「頑張れば報われた」時代は
とうに終わり、今は組織の拡大や充実が個人の幸せとはどう考えても
繋がらなくなっている気がしています。

 

日本では、以前は会社組織に属していれば、ある程度 身分や立場は
保証されていましたし、将来も安定が想像できました。

 

でも今は違います。

だから、
自分で羅針盤を持って自分基準で幸せの追求をしていくことが
重要なんだと思います。

 

それには、
給料が多少少なくても、自分が心から共感する仕事に時間を投資する。

そうすれば自分が楽しいし、エネルギーが沸いてきます。

 

そうなると質の良いアウトプットができるので、
それが組織に貢献したり、周りにいい刺激を与えたりして
お金もまわってくるのだと思います。

 

お金を求めて組織で疲弊するよりも、
自分基準の幸せを追求することで内側から湧いてくるエネルギーを
利用して、人生の充実を楽しむ。

条件ではなく、目的は理念でステージを選ぶ。

そして心から自分が共感できる組織や仲間と働く。

自分の時間を投資する先が
自分の心のベクトルと同じ方向であるかが重要です。

複数の収入源を! 

会社員の有利な面は、
今のところはまだ、毎月の給料が入ってくること。

そして、
明日突然解雇される のようなことは稀なこと。

 

そこにあぐらをかいたり、未来に対して思考停止するのではなく、
今のうちに準備する・・・

 

そのことが重要なのではないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/