お金のこと

香港ドルは3つの銀行が紙幣を発行 同じ額面で3種類のデザイン

投稿日:

日本の紙幣は「日本銀行券」といって、日本の中央銀行である日本銀行が発行し、1額面1種類です。

でも香港では、同じ額面で3種類のデザインがあります。

 

今、手元にある20香港ドルの紙幣ですが・・・

上が中国銀行発行の20ドル札、下はHSBC発行の20ドル札。 HSBCのライオンがかっこいいです。

 

香港では、日本のように中央銀行がないので紙幣の発行は10ドル札を除いて、

  • HSBC(香港上海銀行)
  • 中国銀行
  • スタンダードチャータード銀行

の民間3行が発行しています。

 

日本で言えば、三菱UFJ、みずほ、三井住友がお札を発行しているようなものです。

 

手元に20ドル札が2枚しかなく、

  • 中国銀行
  • HSBC

の発行したものしかありませんが、もう1種類、スタンダードチャータード銀行発行の20ドル札があります。

 

もちろん、どの銀行が発行したものでも同じように使えます。(HSBCのATMから中国銀行のお札が出てきたりします)

500ドル札で、スタンダードチャータード銀行発行のものがありました。⬇️

 

スタンダードチャータード銀行発行の500ドル札。 額面で色合いは統一されていますが、中国銀行とスタチャは建物、HSBCはライオンの図柄。




で、先ほど、「10ドル札を除いて・・・」と書きましたが、10ドル札は、香港特別行政区政府が発行します。

 

ちょっとおもしろな!と思ったので書いてみましたが、香港って今から1997年6月まではイギリスが統治、それ以降は中国による一国二制度によって自治が守られ、発展してきました。

 

イギリスポンドや中国元ではなく、アメリカドルと為替レートをペッグ(固定)しているのも、興味深く感じました。

 

でも、今後、香港ドルはどうなっていくのでしょうか?

 

このままドルペッグを敷きながら、中国化していく?

それとも、中国元に取り込まれていく?

 

今までの香港の歴史とこれからを考えると、興味深いものがあります。

 

 

キャッシュレス化だけでなく、仮想通貨(暗号通貨)の発展や広がりもあり、現金はもちろん通貨そのものの在り方や役割が変わっていく時に、また、日本では5年後の2024年から、新デザイン紙幣になる予定。お金の成り立ちや歴史とその意味を少し掘り下げてみると、面白いかも・・・ と思う今日この頃です。



-お金のこと

Copyright© 成幸へのプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.