会社員が事業で不労所得 獲得を目指しています

もし、毎月の生活費に20万円かかるとして、不労所得で25万円入ってくれば、計算上 お金は減らないしお金に困ることが無くなります。

 

生活費 < 不労所得 を目指すケースとして、

会社員をやりながら事業を興して、その事業を誰かにやってもらうという方法があります。

 

そんなことできるの?

と思うかもしれませんが、オペレーションがシンプルであまり人件費もかからないFC事業なら、それも十分可能です。

 

絶対にお金に困らない収入の取り方

お金に困らないために取れる方法はとてもシンプル。

 

単純に、

  • 支出を減らす
  • 収入を増やす

をすればいいですよね。

 

節約にも副業にも限界がある

ところが、

支出を減らすにも、収入を増やすにも、限界があります。

 

節約するにしても、健康を害したり精神的に貧しくなるようなやり方はどのみち続きません。

収入を増やすのも、給料が上がることを期待してもあまり現実的ではないですし、今の仕事にプラスして別のところで仕事をするのは、若い人はいいですが、やがて体力的にもきつくなって結局続きません。

 

よく言われることですが、下の図でいえば赤い線の左側で収入を増やそうとしていることですから、収入の取り方として「やってはいけない努力」です。

もちろん、「B」や「I」の収入を得る過程で一時的に「E」や「S」になってしまうことはありますが、「労働」で収入を増やそうとするのは、結局のところ大して増えませんし、しんどくなって長続きしません。

そして、しんどさの反動で、支出が増えたりしてしまいます。

 

FC事業で不労所得を目指す会社員の女性

ある28歳の女性です。

 

その方は結構 名の知れた会社で営業職をされています。

毎日のように夜は22時ごろ会社を出るそうです。

 

そして、仕事がない土日は趣味のカメラで写真を撮りに行ったりされる、とても元気な方です。

 

以前、その女性に上の図について話したところ、労働収入だけではだめだ・・・ と思ったらしく、何か事業をやりたいという話になりました。

つまり、ビジネスオーナーとして、もう一つの収入源を持ちたいと。

 

そこで、「FC事業なら、やり方によっては会社員をやりながらビジネスできる。もしくは、自分は投資家になって誰かに経営を任せるというのもできるかも」という話になりました。

 

彼女の将来の夢

その女性は、すぐに会社をやめたいと考えているわけではありません。

確かに労働時間は長いもののしっかりと残業代も出るので、収入だけでいえば、同世代の女性の1.5倍くらいあるそうです。

 

でも、趣味のカメラに費やす時間をもう少し取れたら・・・ という思いと、将来、カメラや写真撮影が好きな人たちにカメラ教室を開きたいという思いもあるとのこと。

 

また、まだまだ女性は男性に比べて「自由に生きる」ということが難しいと考えていて、もっと自由に生きられる社会を作りたい。

そのために、まずは自分が実践し、モデルケースとなるようにしたいという夢があるそうです。

 

確かに、「忙しい会社員の女性」がFC事業で「ある程度思い描く通りの成功」をしたら、「忙しい会社員の女性」の部分を「子育てが大変なお母さん」に替えてもいいし、「障がいがあって働きに出られない人」に替えてもいいわけですよね。

 

いろんな人に応用できる成功事例ができそうです。

わたしは、そんな彼女の夢の実現をほんの少しサポートできたらいいなと思っています。

 

夢のその先

彼女の夢の一つに、

カメラ教室を開きたい

というものがあります。

 

それで生計を立てたいわけではなく、

  • カメラや写真で表現する世界観を楽しむ人を増やしたい
  • カメラや写真の魅力を知らない人に伝えたい

ということです。
好きなことをやるためには、時間とお金が必要です。

 

これからの未来、会社員の給料で生活基盤を固め、もう一つのエリア(BとI )から時間と収入、そして共に人生を楽しむ仲間を作る。

とても大切な考え方になるはずです。

 

ネオライフタイムバリューマーケティング

ネオライフタイムバリューマーケティングという言葉をご存知でしょうか?

 

事業オーナーになれば、自分の事業を「入り口」として、その入り口から入ってくださる方と、一生涯の接点を持っていく。

そのために必要な考え方やサービスの提供方法のことです。

 

例えば、FC事業で接点を持ったお客様に自分の写真の世界観やカメラの技術を知ってもらいます。

その中で、学びたい・教えて欲しいという人に、その場を提供します。

 

また、「会社員なのに事業ができるそのノウハウ」を知りたい方とも、接点を持てるでしょう。

 

なんらかの形で接点を持った方に、その方が興味あることで接点を一生涯持っていこうとするためのやり方・考え方。

 

ネオライフタイムバリューマーケティングを知っていると、事業への取り組み方や考え方に幅ができます。

 

今後、なんらかの形で、ネオライフタイムバリューマーケティングについて学ぶ機会を発信できればいいなと思います。

もし、学びたいな・知りたいなという方がいらっしゃれば、下のURLからご登録だけしておいてくださいね。

講師は半田俊宏氏を予定しています。

 

準備が整ったらご連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/