fbpx

その他

株式投資初心者こそ IPOで資産づくり

投稿日:2019年5月2日 更新日:

[aside type="boader"]

こんにちは。

投資と複業を活用して成幸人生を目指すアラフィフブロガー、たく です。

 

生活のために嫌なことを我慢してやりながら、時給や月給でお金を稼ぐ人を無くしたい。

お金のために嫌な気持ちを抑えつけながら「お金のために割り切る」ということがなくなる世界を目指しています。

また、そういう世界を目指す人を増やしていけたらいいなと思っています。

[/aside]

 

株式投資をやっていて思うのですが、初心者が効率よく(リスク少なく)利益をあげやすいのは、IPOなんじゃないかと思っています。

なかなか当たらないのですが、それがいいと思うのです。

 

IPOが初心者にもおすすめの理由

IPOがなぜ株式投資初心者にもおすすめだと思うかといいますと、「本格的な分析ができなくても勝つ可能性が高いし、負けてもゼロにならない」からです。

イメージでいうと、「当たる確率が非常に高い宝くじを買って、外れたとしても大部分のお金が手元に戻ってくる」感じです。

[box class="blue_box" title="IPOって何?"]IPO(アイピーオー)とは、Initial Public Offeringの略で、日本語では「新規公開株」や「新規上場株式」のことです。[/box]

 

勝つ確率が非常に高いのがいい

ざっと調べたところ、2018年は95社が新規上場(IPO)して、そのうち80社が初値で利益を出しました。(勝率0.842)

2019年は4月末までに30社が新規上場、そのうち25社が初値で利益を出しました。(勝率0.833)

 

もちろん、買ったけど金額ベースで損をした・・・ ということも、ほぼありません。

 

参考:)全てのIPOを初値で売った場合の累計総額金額
2018年:プラス2210万円
2017年:プラス1657万円
2016年:プラス1108万円

2019年は4月までで、プラス592万円ほど

(ざっと調べましたので、間違いがありましたら そっと教えてください。)

 

もちろん、新規公開株を購入できる権利は毎回当たるものではないので、そのまま全て手に入るわけではありません。

たまたま当たったIPOが「負けた」ということは十分あり得ます。(たまたま負け続けることだってあり得ます)

 

毎回当たらないから いい

先ほども少し書きましたが、新規公開株を購入するためには証券会社が行う抽選に当選する必要があります。

今、日本の株式市場に上場している企業はざっと3660社。

 

日本に存在している企業全体からしたら微々たるもの。

その中から興味ある会社をピックアップして、過去・現在・未来の情報を集めて分析して・・・ というのは大変です。

 

でも、株式投資をするに当たって資金を投じるとなると様々な角度から情報収集、分析しなければ勝てません。

 

株が好きで、情報収集や分析が好きというならそれも楽しいですが、ボクは他の興味あることにも時間を使いたいと思います。

だから、新規公開株を購入する権利に応募する時と当選した時に情報分析するだけで精一杯です。

(だからIPO以外は負けるのかも・・・)

 

IPOの抽選に申し込むときと当たった時にだけ、少し時間をとって情報を集め、分析する。

わかりやすくて投資初心者の方にもおすすめです。

 

のめり込めないのがいい

先ほども書きましたがIPOは毎回当たるものではありません。

当たった時にしか資金を投じないので、リスクが限定されます。

 

ん? 当たり前じゃないか・・・ と思った方もいらっしゃると思います。

投資を経験した人の多くが、「自分が決めたルールを守れないから失敗する」んですね。

 

「IPOだけに資金を投じる」と限定することで、失うリスクが限定されます。

 

株式投資に取り組んで、負けてしまったから損失を取り戻そうとして別の銘柄を購入する。

その結果 ツボにハマってしまったり、買った瞬間下がってしまい、損切りすべきかホールドすべきか迷っているうちにどんどん下がって大きな損失・・・

というパターンは、結構経験している人は多いんです。

 

IPOに特化した投資なら、目移りすることはありません。

ルールもシンプルに、当選して購入したら「上場日に売る」と決めておけばいいですね。

選択肢をできるだけ小さく、すること、できることをなるべく限定しておくのが損失を大きくしないコツです。



IPOの難点

メリットやおすすめポイントの裏側がまさに難点ですが、新規公開株(IPO)を購入できる権利になかなか当選しません。

IPOはデータ上、勝つ確率は約8割です。

負けたとしても投じた資金がゼロになるわけではありませんから、次回のチャンスにやり直しができますが、たまたま当たった機会に、たまたま負けが続く・・・ と言ったことはあり得ます。

 

また、証券会社によってはあらかじめある程度の資金を入れておかないと、抽選にすら参加させてもらえないこともあります。

 

潤沢な資金があるなら別ですが、少ない資金が拘束されてしまうというのも、難点といえば難点です。

 

まとめ

株式投資初心者ほど、IPOに取り組むべきだとボクは考えています。

そして、資金が少ない方もぜひIPOを活用して将来の資産形成の資金づくりや、お小遣いづくりをしてほしいなと思います。

 

ボクは冒頭に紹介させていただいたように、投資と複業を活用して嫌なことをしなくても生きていける人生を目指しています。

複業とは複数の収入源のこと。

まずは証券会社に口座を作って、 IPOを複業の一つにしていただけたらいいなと思います。

 

ちなみにボクは、

  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • SBI証券

に口座を持っていますよ!

上の3社なら、WEBでの操作性はもちろん、手数料や資金の出し入れも初心者に優しい証券会社だと思います。



-その他

Copyright© 旅人投資家のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.