香港で貯蓄性保険に加入 これにて自分年金づくりは終了です

メモ

若返りたい・・・ とは思いませんが、若い時にもっと知って、学んでおきたかったことはたくさんあります。

 

その一つが、お金のこと。

お金の作り方や運用の仕方です。

 

ものすごい勢いで高齢化社会化している日本、年金支給開始年齢もだんだん引き上げられ、もう直ぐ68歳からに・・・ そして近い将来は70歳から・・・ とさらに受け取り開始が遅れて行きそうですね。


今を楽しむために保険に加入

でも、将来の老後のことを心配して今お金を活用して人生を楽しまないでいるなんて、なんてもったいない・・・ とボクは常々思っています。

 

なぜなら、10代の時には大人になったらお金も時間もあって自由になんでもできると思っていたのが、そうではなかった。

 

30歳になった時に、思い描いていた大人像とはずいぶんかけ離れた自分がいたし、40歳を超えた時には、「あっ、行ってみたい・観てみたい」と思ったところに行くことが、だんだん億劫になっている自分に気がつきました。

 

人生100年時代と言いますが、60、70になった時に、やりたいことをしたり、行きたいところに行けるかどうか自信はないし、80、90まで生きたとして、自分の親をみていると、健康やその他のことに不安が出てこないわけはないと思っているからです。

 

だから、今を楽しむための将来の(多少の)安心づくりが必要だろうと、香港の保険に加入しました。

 

社会保険(厚生年金)とiDeCoとこの保険、そして積立NISAで、将来、生きるための資金づくりはとりあえず終了。

 

この保険に加入するために、かねてより加入していた効率の悪い日本の個人年金を解約したので、キャッシュフローは変わりません。

 

返戻金は20年で約2.2倍 40年で約8.1倍

ボクが加入していた個人年金保険は、

保険料払込期間  15年間
年金受け取り期間  10年間
戻り率  102.8%

というものでした。

 

15年間毎月20,000円を保険料として払ったら、払込総額360万円。

 

据え置き期間が10年あって、その後 370.4万円を10年で受け取れる(つまり、年間37万400円)という商品でした。

 

今回契約した保険は、払込期間5年、満期は128歳、戻り率は金利や運用の動向があるので多少変動はありますが、10年で約111%、20年で220%、30年で430%、40年で810%・・・

 

つまり、

もともと加入していた個人年金との比較だと45歳で加入して毎月2万円を払い込んだとして

 45歳で加入したとして  個人年金  香港の保険
 払込総額  360万円  12,000ドル(132万円)
 受け取り総額(79歳)  370.4万円  68,483ドル(753万円)

(1ドル=110円で計算)

ちょっとびっくりしませんか?

 

ボクは、計算間違い・・・? と思って何度ももらったシミュレーションを見返したり計算し直したりしてみました。

これは「複利効果」というやつをものすごく実感する数字です。

 

もっと若い時にこれを知っていたら・・・

仮に、25歳で同条件のものに加入していたら、たった12,000ドルの払込みで79歳時の受け取りは 259,229ドル(2850万円)にもなります。

 

もちろん、為替は変動するので単純に日本円で比較するものではないですが、ボクの場合はドル建ての資産ができるという感覚なので、あまり気にしていません。

 

また、個人年金は払込終了、据置期間を経て10年間毎年37万円ほど受け取れますが、運用を終了していわば元本を取り崩しているにすぎません。

 

今回加入した香港の保険は、ある額を毎年受け取りつつ運用は継続されるので(運用益の中から受け取れるので)、うまくやればほとんど元本を取り崩さずずっと満期まで運用益を受け取り続け、満期が来た段階で残りの全てを受け取ることもできます。

(その満期が、128歳! ⇦ 生きてないじゃん!と思った方、この保険は子や孫に引き継げるので、理論上満期はないのです)

 

早いうちにお金のリテラシーを持つ

ボクは、自分の人生を振り返って後悔することはほとんどないのですが、お金のリテラシーだけは早く身につけておくべきだったと思っています。

 

かと言って、今からでも何も遅くはない。

 

むしろこれから若い時ほど働けなくなる年齢になって来ますので、お金のリテラシーはますます重要になると思っています。

 

お金は、稼いだ時のストレスを解消させるが如く出て行きます。

お金と感情は密接な繋がりがあることを、振り返ってみると実感します。

 

お金のリテラシーを保つために、まずは情報取集して実践することが大事。

できることから一つ一つ。

それが結局のところ、一番の近道なんですよね。

 

リージェントプレミアやライフブリリアンス 、そのほかにも香港には日本では考えられないような利回りの保険があります。

でも、なにぶん 情報が少ないのでいろいろ不安なことやわからないことも多い。

実際、自分がそうでした。

 

不安や疑問の解消になって、さらに一歩を踏み出すきっかけになればいいなと思い、香港の保険について情報やよくある質問の回答をメルマガで送らせていただいております。

ご登録はこちらから



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/