投資・運用 オフショア投資・保険

積立ては苦手・・・ という人にもおすすめ シングルプレミアムの香港の保険

投稿日:

安全で健全な資産形成の方法として、コツコツと長期間積み立てていくという方法が王道です。

よく、インデックスファンドへ「ドルコスト平均法」が最強!などと言われますが、わたしも間違ってはいないと思います。

 

でも、資産形成のための長期投資を始めたとしても、続かなくなってしまう人が多いのも事実。

 

例えば、インベスターズトラストS&P500 Index では15年間積立てると元本の140%が確保されますが、2〜3年で積立を継続できなくなってやめてしまう人多いのだとか。

 

 

その背景には、転職やリストラ、減給などによる収入環境の変化や結婚・離婚、子供が生まれた、親の介護が必要になったなどの生活環境の変化があります。

 

今は良くても、将来のことはわからない・・・

そこに、長期積立のリスクがあります。

 

実際、自分自身の健康や収入環境を含めて未来のことは誰にもわかりません。

 

そんな時に、「今 持っている中からこれくらいなら将来の資産形成や投資に回せる」との判断の元、一回だけの支払いで安全度の高い資産形成ができたらいいですよね?

そんな保険が、香港にはあります。




一括払いのみの香港オフショア保険

長期間、コツコツと積み立てていくのは、意外と難しいものです。

 

なぜなら、先ほども書きましたが、

今は大丈夫でも未来はわからない

からです。

 

でも、

  • 今ある現金の中から一部だけを
  • 次のボーナス1回分だけを
  • もうすぐ満期になる定期預金の預け替えに
  • 退職金のうちの2割だけを

ならば、

未来に環境変化が起こった際にも、払えなくなるリスクはありません

 

意外と低額から可能

一回で払い終える保険というと、「保険料、高いんしょ・・・」と思うかもしれません。

 

でも、それほどハードルは高くなく、5000米ドルから投資可能。

1ドル110円としたらおよそ55万円〜 ですから、1回だけ頑張ることで将来の資産形成の基礎ができるとしたらそれほど大きなハードルではないですよね。

 

元本確保は最短4年目

保険料にもよりますが、保証部分と非保証の利回り部分を合わせて、最短4年で投資元本を上回ります。

 

保証部分だけを見ると、6年です。

 

ファンドと違って保険のいいところは、一度元本を確保できると元本を下回ることはないというところ。

ファンドは基準価格の変動がありますので、「先月は元本を上回ったけど今月はダメだった・・・」ということがありますが、保険の場合はそれがないので安心度が違います。

 

ただし、米ドルですので、大きく円高になれば日本円に換算したときのレートによっては元本確保がもう少し先になる可能性もあります。

 

でも、将来に渡って長期的に円高になっていく・・・ と思うなら、そもそも外国の投資を検討すべきではありません。

 

 貯蓄としても自分年金としても魅力的

保険料(=投資額)にもよりますが、10年経てば支払い保険料の1.4倍の返戻金を見込めます。(保険料によります)

 

10年で140%になる預金なんて日本では望めませんから、やはり魅力的。

 

そして、貯めておいて解約時に一気に受け取るという他に、年(または月)いくら・・・というように年金的に受け取りながら増やしていくということも可能です。

 

学資保険の代わりにも 退職金の運用にも

例えば、子供が生まれた時に将来の進学に備えて学資保険を検討される方も多いと思います。

 

学資保険の目的を「将来の進学資金に向けた貯蓄」に特化するなら、この商品は魅力的です。

 

また、退職金の運用をどうしよう・・・ と悩んでいる方も、この商品は有効です。

 

手元にあれば、使ってしまう・・・

投資を考えているけど、今まで投資を経験したこなかったからもし失敗したら・・・

 

という方も、長く持てば必ず元本を上回るこの商品なら安心です。

 

満期は128歳 子や孫への継承も可能

プランの満期は、128歳です。

 

128歳まで生きないよ・・・

という方も、被保険者を子供や孫に変更してプランを引き継ぐことができるので、一族の資産とすることができます。

 

ターミナルボーナスを引き出せるオプション設定も可能

ターミナルボーナスとは解約時に一度だけ付与される返戻のことですが、その一部を解約せずに引き出すことができます。

 

本来、解約しないともらえないボーナスをこのオプションでもらえる設定にできるので、より有効に元気なうちにお金を使って人生を楽しむことができそうですね!




なんのために投資をするか

将来や老後に対する「なんとなくの不安」が蔓延する日本です。

 

これからの時代、貯蓄だけでなく投資が必要な世の中になってきたことは、なんとなくの実感を持っていらっしゃる人も多いと思います。

 

とはいえ、将来の不安に対処するために、今 お金を使うことを我慢するのか・・・ は、いささか 疑問を感じるところ。

 

上手にこうした保険や投資商品を活用して対処しつつ、人生を楽しむことも諦めたくはないですよね。

 

 

おすすめ!

オフショア保険や投資と香港に関連する記事

オフショア(香港)の保険や投資に関する情報の一部はメンバー限定で発信しています。

メンバーご登録の方法は こちらをご参照 ください。

 

-投資・運用, オフショア投資・保険

Copyright© 成幸へのプロジェクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.