引き寄せの法則 思考は現実化する

幻想的な富士山

引き寄せの法則 を知っていますか?

よく「宇宙に発注する」とか言って都合よく解釈し、その結果 望みどおりのものが引き寄せられずに「引き寄せの法則なんてうそ!」となっている人がいますよね。

そういう人はおそらく、自分にとって都合のいいことばかりを引き寄せようとして、正しい理解と感情に基づいた使い方をできていないのではないかと思います。

引き寄せの公式

引き寄せの法則には公式があります。

それは

願いや関心 + 前提や価値観 +感情 

です。

この公式に則って 現実があたかも引き寄せられたかのように目の前に現れます。

【願いや関心】
お金持ちになりたい

【前提や価値観】
お金は労働の対価

【感情】
労働に対して不快な感情
(お金は欲しいけど働きたくない)

【現実(引き寄せるもの)】
残業
安易な詐欺案件に投資して無一文の状態

これに対して

【願いや関心】
豊かな人生を歩みたい

【前提や価値観】
豊かさとは、好きなことや好きな人に囲まれる人生のこと

【感情】
未来に対してワクワクする快の感情

【現実(引き寄せるもの)】
同じような価値観を持った人
快を感じる時間や空間

といった感じで公式を使います。

願いや関心と前提や価値観が同じ方向に調和し、それに対して「快」を感じることができるかが重要です。

だから、

世の中の大部分の人は悪人だから騙されないように気をつけないと・・・ とか
苦労してこそ幸せは訪れる・・・ とか

そういう前提や価値観を持った人には悪人や苦労することが寄って来たりします。
(ちゃんと引き寄せてます)

法則とはルール

引き寄せの法則とは、現実化するためのルールであり仕組み。

自分に都合がいいものだけを引き寄せる(現実化させる)ことはできません。

仮にさっきの例で

お金は私のファンからもたらされるもの という前提や価値観を持ち、

ファンに囲まれる自分が快ならば、

引き寄せる(現実化する)ことは違ってきますよね。

現実化するまでにはタイムラグがあります

意思や思考にはエネルギーがありますが、それが伝わるまでには時間が必要です。

また、願いが強く前提がしっかりしていると強くエネルギーを発しますが、普通の人は強いエネルギーを発し続けることが難しい。

すぐには現実化せずに時間がかかり、忘れたころにやってきて、そのころには願いが変わっていたり価値観が変わっていたりします。

また、どこかでエネルギーが消滅してしまうことが多いようです。

だからしっかりと自分の本心と向き合って、願い続けてエネルギーを発し続けることが重要なんですね。

なんだか理論的でもなんでもないものに感じてしまうかもしれませんが、【思考は現実化】しますので、信じて待ってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/