ガジュマルを挿し木で簡単・手軽に増やしてみます

約2年前、ホームセンターで買ったガジュマル。

適当に陽に当て、水をやりしていたら結構伸びて、一度ハサミで枝を切りました。

 

その後 再び伸びてきたのと、「かっこいいガジュマル」を目指して少し整えなきゃということでまた切る事にしたのですが、切った枝を挿し木にして増やせると知ったので、今回それをやってみたいと思います。

そもそもガジュマルを買ったのは、精神的に疲れていた時に行った奄美大島で大きなガジュマルに癒されたような気がしたことと、「多幸の木」と言われるガジュマルは風水的にも「金運UPにいい」と聞いたからです。

ガジュマルは風水的に金運アップにいいらしい

 

かっこいいガジュマルを目指して

購入から2年。

現在のガジュマルはこんな姿

ところどころ 枝先がオレンジになっていますが、これは前回(約1年前)選定した箇所に「ゆ合剤」をつけたあとです。(作業が雑なので、垂れちゃったりしています)

また、葉が白っぽくなっているところは「ハダニ」の影響かと思って目視でダニを探してみたのですが見当たらず、ほぼ毎日、葉の両面を濡れたティッシュで拭きつつ、とりあえずそのままにしています。

 

で、こういう「かっこいいガジュマル」にしたいと思うのですが・・・

 

丈夫で成長力旺盛なガジュマル

ホームセンターで購入してから約2年。

土が白っぽくなったらタップリお水を与えながら、明るくで風通しも良い「北側」で日中は外に出し、冬は暖かな陽がある時は南側に出しますが北陸の冬はほとんどそんな日はないので、基本 部屋から出さずに置いています。

 

昨年初夏、少し大きな鉢に植え替えをし枝を切り・・・ したものの、ほとんどダメージらしいダメージはなく現在に至っています。

苔はもちろんサボテンでさえ枯らしてしまう私ですが、ガジュマルはありがたい事に元気そうです。

しかし、同時期に購入したアローディアは、ほとんど変化がなくどうもおかしい気がします。(枯れたらどうなるんですかね?)

簡単なら挿し木で増やしてみよう

何気なくネット検索していたら、「ガジュマルは簡単に挿し木で増やせます」という記事をみつけ、

ボク
へぇ〜、やってみようかな。。 枝を切ろうと思っていたし

と思い立ったわけです。

 

その記事では、

「選定したその枝を、そのまま使ってガジュマルを増やす」 と書いていましたので、そんなに簡単なら・・・ ということで、やってみました。

 

大胆に切ってみます。

切ってみたガジュマル本体の姿はこんな感じ。

切る前と比較すると、少しすっきり感があります。

切り口をゆ合剤で塞いだあと、

切った枝の 切り口を斜めに切ります。

 

 

 

 

 

 

そして、余分な葉を落とします。

 

 

 

 

 

 

そして、新しい鉢に植えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本体(もとのガジュマル)から切ったのは、「ハダニ」の影響? と不安のある葉がついた枝。

新しい鉢に植える前に水道水で水洗いしてから植えましたが、大丈夫かな・・・



水につける?

一通りの作業が終わってまた何気なく検索してみると、

挿し木用に切り取った枝は、発根するまで水につけておく

と書いてある記事を見つけました。

ボク
えっ? そのまま土に挿しちゃったよ・・・

と、「もっとよく調べればよかった・・・」と思いつつ、今回はそのまましばらく様子をみる事にします。

 

 

 

慣れた方や詳しい方からすると、「何してんの・・・」と呆れられてしまうかもしれない今回の挿し木。

やる前にもっとよく調べて勉強してからにしなよ・・・ と怒られそうですが、とりあえず様子見^^

元のガジュマルには新しい芽が生えてきていて、どんな風な枝ぶりになっていくか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

変化があれば、また追記していきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/