融資縮小・人口減の日本で不動産投資はもはや無理か

「異次元」と言われた金融緩和。

その政策自体は表向きには変化はありませんが、今後は今までのような「誰でもかれでも融資を受けられる」ことはなくなっていくと、不動産投資をしている人たちの間で言われています。

 

ただ、金融緩和政策は続いていて市場にお金が供給され続けます。

銀行はお金を貸したいのですが、「貸せる人・借りられる人の基準」が厳格になっていくということです。

 

銀行は厳格な審査の上でそれにパスした人に貸すだけです。

 

これから不動産投資をしようという人にはあまりいい時代ではなくなってきますが、属性のいい人や資産背景のいい人、すでに実績のある経験者には、ますます良い時代ということです。

 

すでに実績を築き上げている人にとっては、いい時代になっていくと言えるかもしれませんね。

融資を受けられる人の間口は狭くなりますが、融資を受けられる人にはより有利になるだけで、けして融資全体が縮小される訳ではありません。

 

 

人口減少のこれからの日本

 

出生率低下、高齢化、人口が減少に転じた日本では、もう不動産投資はだめだ・・・ という人も多いですよね。

 

でも実際に不動産投資をしている人が持つ印象は、違いますよね。

 

なぜなら、決して日本全体が均一に人口が減るかと言えば、そうではないからです。

 

不動産投資否定派の方は、これからますます日本は少子高齢化が進み人口が減るから不動産投資に未来はないと結論づけがちですが、日本の中でも人口が減る地域と増える地域があることを、認識しておかなければなりません。

 

不動産投資においては、これからも人口が減らない地域、人口減の影響が少ない地域の物件を厳選し、買うことが重要になってきますよね。

 

人口が減っていない地域の代表例として、東京とその周辺都市(さいたま市など)が挙げられます。

埼玉県のように、県全体で見ると人口減少は進行してきているものの、もう少しマクロの視点で、市・区・町 単位までみてみると、まだまだ投資用物件を購入するのにも有望で有利な地域も、たくさんあります。

 

もちろん、人口が増える地域・減らない地域ならどの物件でも満室にできる訳ではありません。

そして、人口げ減っていく地域だとしても不動産投資・経営が成り立たないと言い切ることはできません。

短絡的に「人口減少の時代では不動産経営はムリ」と悲観的にならず、 注意深く適切な収益物件を探し続ける事が不動産経営の成功の鍵となります。

 

情報をお届けします

これからの時代は、すでに不動産投資で実績を挙げていらっしゃる方には非常に有利な時代。

その反面、これから不動産投資に参入し、収益を得ることや資産を作っていくことは、難しくなります。

 

とはいえ、初心者の方でも「無理」という訳ではありません。

 

そのためには情報が重要ですし、「いい不動産屋と出会うこと」が重要になってきます。

 

  • 投資用・しかも一棟ものに絞った「投資用一棟もの不動産投資・経営物件専門会社」だからこその知識と経験を活かした豊富なアドバイス
  • ITをフル活用した、他社と比較にならないほどの情報量とスピードで合理的な対応
  • RCや木造、新築・中古など「枠を超えた取扱物件」で、よりお客様のニーズにあった最適な物件をご提案
  • 売買取引はせず仲介取引に徹することでより中立的な立場を保ち、売主側にはつかず買い主側だけにつく仲介業者として、お客様の負担が少ない「クリーンな販売価格」で仲介。

 

 

こんな不動産会社が持つ物件の情報を、メルマガにて送らせていただきます。

ご存知のように、投資用不動産は一般に出回る前の情報にこそ収益物件はあります。

一般に出回る前に「属性がいい人や実績のある人」に情報を開示し、そこで成立しなかったものだけが一般に出回ります。

 

メルマガでは一般に出回る前の物件もご紹介いたします。

メルマガの購読は無料ですので、もしよかったらご登録くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

投資と複業(複数の収入源を持つこと)を活かして、自らが定義する幸せな人生(成幸人生)を歩む。そして、成幸人生を一緒に楽しめる仲間づくりをするためにブログで発信活動を行なっています。 お金の不安が軽減すれば、もっと人生は楽しめる。 付き合う人を選べば、もっと人生は幸せになる。 そのことを自ら実践し、共に人生を楽しむ仲間づくりをしたいと思っています。  ぜひこちらからプロフィールをご覧ください→ https://umikazekaoru.com/profile/