オックスフォードキャピタルレター 無料レポート

Travel

日本で2番目にオープンのアマン アマネムに行ってきた ②

2017年5月29日

日本で2番目にオープンのアマン アマネムに行ってきた ②

  日本で2番目にオープンのアマンアマネムに行ってきたからの続きです。     「想いは実現する」を実感したアマンプロへの旅から約10年。 「また来よう!」と言っていたア ...

続きを見る

 

日本で2番目にオープンのアマンアマネムに行ってきたからの続きです。

 

 

想いは実現する」を実感したアマンプロへの旅から約10年。

「また来よう!」と言っていたアマンプロではなくアマネムにした理由・・・

 

それは、

フィリピンの経済成長のチカラを実感

したからでした。

 

アマンプロに行ったのが2008年1月。

それから約10年でフィリピンは大きな経済発展を遂げ、GDPで約2倍、物価上昇率は毎年のように3~4%。

 

世界経済に大きなダメージを与えたリーマンショックの影響もほとんどなかったといわれるフィリピン。

前回訪れた2008年1月と同様に楽しもうとすると、当時のおよそ2倍の出費・・・

 

 

そのことを妻に話すと、

日本にアマンができたんでしょ?」とうれしそうに言ってきました。

 

伊勢志摩のアマネムに行こうよ!

 

妻もすっかり アマンジャンキー のようです。

 

その一言で決まり、さほど暑くもなく寒くもない、天気も安定しているだろう5月のGW明けに行くことになりました。(時期的にも安いし・・・)

 



 

アマネムって?

アマネムは東京についで日本で2番目のアマンリゾート。

 

伊勢志摩国立公園内にアマンと三井住友不動産が共同で2016年春にオープン。

 

アマンとしては、初の温泉リゾート。

温泉好きなわたくしとしても、とても楽しみでした!

 

アマネムへ

近鉄特急しまかぜ に乗っていきたかったのですが、妻の要望で、クルマで。

荷物の持ち運びが大変なのと、アマネムだけではなく伊勢志摩の景色をドライブしたかったというのがその理由だそう。

 

近鉄の駅まで専用車でお迎えがあるので荷物に関してはそれほど苦にはなりませんが、まぁ 車で行けたら楽ですよね。

 

アマネムは、伊勢志摩国立公園  NEMU HOTEL&RESORT 敷地内の専用ゲート奥に広がります。

守衛さんに名前を告げるとゲートを開けてくれます。

丁寧に進む方向を教えてくれて(と言っても一本道ですが)その通りにクルマを進めます。

 

守衛さんはお年を召した おそらく地元の方ですが、(勝手なイメージですみませんが)思いのほか丁寧で柔らかなものごし。

ここにもアマンスピリット注入のための教育が施されているんだと感じました。

 

 

クルマ止めでクルマを預けます。


ここで冷たいお茶をいただきながら、簡単なお話を^^

 

「アマンプロにも行かれたのですね♪」 と言われたので、ちょっとびっくり。

 

 

ん?

予約のときに もしかしたら話したのかも知れません。

 

 

専用カートにのせてもらって、レセプションへ向かいます。

アマンプロでは自分で運転して好きに移動できたのですが、アマネムではスタッフの方が運転してくれます。

 

本来、直接部屋へ行ってお部屋でチェックインなのでしょうが、チェックイン時間より30分以上早く到着したこともあり、一旦レセプション付近で準備が整うまでのんびりと^^

 

奥に広がるのは、アマネムのアイコンと言ってもいい風景。

 

ソファーに座るとすぐにスタッフの方が来て、お水を用意してくださいました。

 

風が強くて風音が気になりますが・・・

 

いよいよお部屋へ

10分ほどのんびりしていると、部屋の準備が整ったということで声をかけて頂き、カートでお部屋へ送っていただきました。

部屋番号は「6」

黒い瓦がなんとも重厚かつ趣きがあって素敵!

ルームキーにはあえて部屋番号は書かれていません^^
左の格子についてる白いタグが、icになっていて、それで扉にタッチすると鍵が開きます。 右の格子は、ドア外にかけておくと、ターンダウンなどでスタッフの方がお部屋に入ることをお断りする目印に。

何か、すぅーっと心が澄んでいくような、落ち着いた室内。
写っていませんが、天井が高いって、いいな♪ を実感します。

 

お部屋のお風呂も温泉!

源泉から直接引いているとのことで、その温度は約60度とのこと。

 

水でうめてもいいのですが、源泉掛け流しにこだわりたいので満たして冷ますことに。

 

「今の季節、約1時間でちょうどよくなると思います」

とのことでしたが、いやいや、2時間経ってもまだまだバツゲーム以上の熱々でした。

 

窓を開けると開放的!

外のソファーは防水仕様とのことで、「どうぞ濡れたままの身体でもお寛ぎください」とのことでした。

 

お部屋のタイプが「モリスイート」ということで、英虞湾の眺望は期待していませんでしたが、ご覧の通り^^

旅は人生を変化させます

アマネムでの2泊3日は、本当に素敵な、感性にビビッとくる滞在ができました。

 

アマンが好きな理由は、スタッフの方々が、本当ににこやかで気持ちいいこと。

 

他のホテルよりもより自由に、そして裁量権が与えられているのか、

どうしたらお客様の滞在が、最高のものになるか」を

考えているような気がします。

 

素晴らしいスタッフの皆さんに感謝したいと思います。

 

  • オックスフォードキャピタルレター 無料レポート
  • モトリーフール
 

これはぜひおすすめ!

  なぜ日本円だけでなく外貨で、しかもできることなら日本以外で日本円以外の資産形成や運用をした方がいいというのか。その思いや考え方をすべて網羅し、しかも私がお伝えするよりも格段にわかりやすい資料と音声コンテンツがこちら。
 
特に、第2部の「隠された日銀の真の目的とは?」 「ほとんどの人の目には見えない税金の正体」 や、第3部の「初心・中級・上級者向け お金を守るための対策」は、必聴です!
   

詳しくはコチラ

 
 

-Travel

© 2021 UmikazeKaoru